ギターリペア、ギター修理、製作工房【ナインス】

Aria Pro II VP90

Aria / ナット交換 / フレットすり合わせ /

 

90年代製のAria ProⅡ VP-90というモデル。
ボディ片側はセミホロウ構造になっている
非常に珍しいギターです。
ピックアップのコントロール部は
PUの切り替えスイッチ、1ボリューム、
1トーンにコイルタップのスイッチです。
ナット部は金属製のローラーナットを装備。
セミホロウ構造と相まって生鳴りも非常に独特です。
今回、ナットを骨系の物に改造、交換して
金属的な響きを押さえてほしいとのご依頼。
併せてネック、フレットなど全体を調整する事に
なりました。
ナット部分は少し特殊な作りですので
スケールを確認しておきます。
スケールは650ミリ。
ローラーナットを外します。
ローラーナット構造でのスケール基準線の分、
指板にあわせた接木をします。
接木を接着&クランプ。
乾燥後、指板アールと面一になる様に調整。
今回、バインディング部分はそのままで改造。
接木した部分が650ミリスケールの
基準線となります。
今回使用する交換素材はBlak Horn。
オーナーの方と相談して完成後、黒く締まった
ナット周りをイメージしてこの素材に決めました。
大まかな形に荒削りして接着。
ナット弦幅を記し・・・
とりあえずこの段階では大まか溝切り調整。
最終調整はフレットすり合わせ後に行います。
ネックの状態を確認。
トラスロッドで微調整。
テンションをかけた状態で
フレットのすり合わせを行います。
すり合わせ後、ネックを外して
フレットの形を整えます。
すり合わせで平らになったフレット頭を
専用工具で丸め・・・
紙ヤスリ、スチールウールで磨き上げます。
フレット同様、ナットも磨き・・・
ライトが映りこむ位に磨いて完了。
ナット溝、その他の微調整をしてリペア完了。
ナット交換後、狙い通りに金属的な響きから
落ち着いた音楽的な響きに変化しました。
すり合わせ後は弦高も低めにセット。
弾き易い状態になりました。
見た目通り独特な鳴りが印象的なギターでした。

PAGE TOP