ギターリペア、ギター修理、製作工房【ナインス】

エピフォン レスポール

Epiphone / ネックアイロン / フレットすり合わせ / メンテナンス /

 

エピフォン・レスポールのメンテナンス。
ネック周りの状態をチェック。
ネックは7~9フレット辺りを中心に
順反りが強い状態。
弦高は12F上で約2.3ミリ位ですが
反りの影響でハイポジションでの演奏性は
少々難ありです。
トラスロッドは限界まで回っていますので
ネックヒーターで反りを修正して
演奏し易い状態にリペアします。
時間をかけて修正後
ネックは良い状態になりました。
次はフレット上の凹凸をチェックして
すり合わせを行います。
高いフレットを中心にフレット上を均します。
すり合わせ後、
平らになったフレット頭を成形。
指板をマスキングして保護。
フレット成形後は運指が滑らかになります。
専用工具でフレット頭を丸めます。
スチールウールなどで磨き・・・
金属用コンパウンドで仕上げ。
すり合わせ作業は完了です。
弦を張りオクターブなどを調整。
ネック修正後はトラスロッドも余裕が
出来ましたので微調整してリペア完了。
弦高も低めにセッティング。
リペア後、
ネックは真っ直ぐになりましたので
ハイポジションまでストレスなく
演奏出来るようになりました。

PAGE TOP