ギターリペア、ギター修理、製作工房【ナインス】

Fender Duo Sonic

Fender / ナット交換 / メンテナンス /

 

1964年製、
フェンダー・デュオソニックⅡの修理調整。
この64年製より
以前のモデルから
幾っかの仕様変更がされ、
リニューアルされたそうです。
2つのピックアップは
SWの組み合わせにより
フェイズ、ハンバッカーの効果も
得られます。
開放時にビリ音が出るまでに
消耗したナット交換とあわせて
トータルメンテナンスを行います。
ネックの状態、
弦高などをチェック。
通称Aネックと呼ばれる
ナット幅が約38mmと狭いネック。
そのナットを外します。
溝のアールを崩さないように
接着剤を除去。
新たに取り付ける
ナット素材を加工して・・・
ナット溝のサイズに合わせます。
元ナットから弦間を写し・・・
接点を大まかに調整。
続いて
ロッド調整の為、
ネックを外します。
反りを修正。
再びネックの状態をチェック。
溝の最終調整後、
ナットの形を整え磨いて仕上げます。
指板、フレットの汚れも・・・
綺麗にクリーニング。
ピックアップ、
アッセンブリーもチェック。
非常に良いコンディション。
最後に弦高、
オクターブ調整して・・・
リペア完了。
ショートスケールの
ネックコンディションは
非常に良い状態です。
弦高も弾き易い高さにセッテング。
当時のスチューデントモデルですが
マニアック仕様からファンも多いモデル。
個性的なサウンドが魅力的な
ビンテージ・ギターでした。

PAGE TOP