ギターリペア、ギター修理、製作工房【ナインス】

Fender Eric Clapton Stratocaster

Fender / アッセンブリー修理 / ナット交換 / フレット交換 /

90年物と思われるレースセンサー搭載期の
フェンダー・ストラトキャスター、
エリック・クラプトン・モデルの修理です。
音が出ませんので
ピックアップ周りなど
アッセンブリーをチェック。
このモデルにはミッド・ブースターなど
色々な機能が内蔵されています。
9V電池は裏側に収納。
ポット周り、配線材が
数か所断線していましたので修復。
続いて、フレット・ナット交換。
かなり弾き込まれていて
ネックのメイプル指板の塗装も
所々剥がれています。
オーナー様は指板の経年変化の雰囲気を
残してリフレットしてほしいとのご依頼。
まずはナットを・・・
外します。
続いて
フレットを抜きます。
塗装に切れ目を入れて・・・
フレットを抜きます。
ネックの状態をチェック。
溝の状態もチェック。
フレット溝を調整して・・・
新たに打ち込むフレットを曲げておきます。
溝の長さに合わせてカット。
打ち込みます。
フレットのはみ出した部分をカット。
フレット両端をヤスリで斜めに落として
フレットサイドのバリ処理。
擦り合わせ前にナットを制作。
ナット溝のアール面を崩さぬように
接着剤を除去。
新しく取り付ける牛骨ナットの各面、
平面だしをして溝のサイズに合わせます。
ナット溝のアールを確認。
アールに合わせて削ります。
ナット溝の底面、端などのサイズを
合わせましたら・・・
接着。
弦溝を切り・・・
大まかにナット溝の調整。
ネックの状態をチェック。
トラスロッドで反りを微調整。
フレット上、なるべく真っ直ぐにします。
各フレットの高さをチェックして・・・
フレット上、全体を均し、フレットを再成形。
紙やすりなどでフレットの傷を
徐々に消して・・・
最後にコンパウンドで磨き仕上げます。
続いて、ナットを仕上げます。
紙ヤスリ、コンパウンドで磨いて仕上げ。
最後にペグ、ネック裏の汚れ・・・
ボディの汚れをクリーニング。
弦を張りオクターブ、弦高などを調整して・・・
リペア完了。
新たなフレットは滑らかで
反応も良く弾き心地もUP。
ストラトらしい枯れた鈴なりサウンドから
図太いサウンドまで、
幅広い音作りが出来る人気のモデル。
色々な場面で活躍しそうです。

PAGE TOP