ギターリペア、ギター修理、製作工房【ナインス】

フェンダー・ジャズベース

Fender / ナット交換 / ネックアイロン修正 / フレット交換 / ベース /

 

エレキベースの代表機種、
通称「ジャズベ」のリペアです。
ネックが反って弾き辛いとのご相談。
ネックの状態をチェック。
弦高も4mm近く、ネックの動きも大きく
ハイポジションでは音詰まりも発生します。
サドルに弦高を下げる余裕は
ほとんどありません。
トラスロッドに修正の
余裕もない為・・・
ネックアイロンなどを行い
時間をかけてリペアします。
何度かのアイロン修正後、
消耗したナット、フレット交換を行います。
フレットを抜き・・・
ナットも外し・・・
フレット溝を補修後
指板調整。
打ち込むフレットを曲げて・・・
各フレット長さに合わせてカット。
打ち込みの準備が完了。
フレットを打ち込みます。
余分なフレットをカット。
フレットサイドの処理。
擦り合わせ前にナットの制作。
溝の接着剤を除去。
牛骨素材を溝のアールや
サイズに合わせて加工。
高さなどを確認して・・・
大まかな形に削ります。
ナットを取り付け
弦間を写し・・・
ナット溝の接点を調整。
各フレットの高さをチェックして
全体を擦り合わせて均します。
擦り合わせ後、
専用工具などを使い
フレットの再成形。
指板脇、補修した塗装の均し。
最後に金属コンパウンドで
磨きフレット交換は完了。
続いて
ナットの形も整えて・・・
ナットも仕上げ。
続いて
電気周りのチェック。
ボディの汚れを・・・
クリーニング。
最後に新しい弦を張り・・・
弦高、オクターブなど調整。
サドル高さにも
余裕が出来て・・・
弦高も弾き易い
高さにセッテング。
全リペア完了。
ネックの状態は良くなりましたが、
非常に動きが大きいネックですので
この後の管理には注意が必要です。
修理後は弾き易くなり
ハイポジションまでストレスなく
弾けるベースになったとのこと。
良かったです。

PAGE TOP