ギターリペア、ギター修理、製作工房【ナインス】

フェンダー ジャズベース

Fender / ベース / ポット交換 / メンテナンス /

 

フェンダー・ジャパン、
ジャズベースのメンテナンスです。
これまで一度もメンテしていなかったので
全体を調整してほしいとの事。
ピックアップ周り、アッセンブリー。
ガリがひどく、音が出たり
出なかったりしています。
ポットは音質、耐久性の優れる
CTS製に交換。
コントロールプレートの穴を
リーマーで広げます。
ポットをセットして配線。
続いてネックを調整。
12フレット上の弦高は約3.5ミリ位。
ネックの反り、動きをチェック。
トラスロッドの調整口は
ネックエンドにあるのでネックを外して・・・
ネックの動きをチェックしながら調整。
トラスロッドに調整余裕が
しっかりありましたの
良い状態になりました。
指板、フレットを磨いて・・・
ネック、ボディも・・・
クリーニング。
オクターブ、弦高、ナット溝の調整して・・・
弾き易い弦高にセッティング。
ポット交換、メンテナンスは完了です。
ポット交換後は音抜けもUPして
弾き易くなりました。
さすが定番ベース、ジャンルを選ばない
扱い易いベースですね。

PAGE TOP