ギターリペア、ギター修理、製作工房【ナインス】

Fender Jazz Bass

Fender / ネック反り修理 / ベース / メンテナンス /

 

Fender Jazz Bassのリペアです。
ネックが反ってきて
弾き辛いとのご相談。
ピックアップ周りも
音が出たり出なかったりするとのこと。
まずはネックの状態をチェック。
順反りが強く
弦高も12フレット上で4mm位あります。
サドルで弦高を下げても
音詰まりが発生。
ネックヒーターで何度かに分けて
反りを修正します。
ネック修正の合間に
電気周りの不具合を直します。
61年頃の初期コピーモデルなので
各ピックアップのヴォリューム、トーンは
2連スタックノブでコントロールします。
ネックの状態も
良好になりましたので・・・
フレット調整後、磨いて・・・
仕上げます。
ヘッド・・・
ボディもクリーニング。
弦を張って
オクターブなど調整。
ネックの大きな反りも解消。
弾き易い弦高に
セッテング出来ました。
ジャズべらしく
明るく歯切れの良いトーンが
心地良いベースでした。

PAGE TOP