ギターリペア、ギター修理、製作工房【ナインス】

フェンダー テレキャスター

Fender / ナット交換 / フレット交換 /

 

テレキャスのリペアです。
消耗したフレットを交換します。
トラスロッドの効き具合、
ネックの状態をチェック。
非常に良いコンディションです。
ネックを外し・・・
フレットを抜く準備。
指板がチップしないように
ゆっくり作業します。
交換後、フレットの高さが変わりますので
併せてナット交換も行いますので・・・
ナットも外しておきます。
指板のアール確認。
フレット溝を補修後、
軽く指板上の凹凸を修正。
真っ直ぐにします。
フレット溝をクリーニングして
指板調整は完了。
新たに打ち込むフレットを
指板のアールに合わせて曲げて・・・
溝の長さに合わせてカット。
打ち込みます。
続いて
フレットを成形します。
はみ出た部分をカット。
フレット端をヤスリで
斜めに削り落とします。
指板サイドのバリ処理後
ラッカーを重ねて塗装を補修。
乾燥後
均し・・・
指板サイドを仕上げます。
フレットの擦り合わせ前に
ナットを作ります。
無漂白、牛骨素材の各面出し。
ナット溝のアールを確認して。
ナット底を指板アールに
合わせて削り・・・
取り付け。
続いて
元ナットから弦間を写し
溝を切ります。
大まかに溝の調整。
擦り合わせ後に
最終調整を行います。
各フレットの高さをチェック。
滝部分を中心にフレット上を均します。
フレットエッジ処理。
平らになったフレットをヤスリで再成形。
磨いて仕上げます。
続いて
粗仕上げのナットの形を整えて・・・
ナットも仕上げます。
ボディ、ネックをクリーニング。
弦を張り最終調整を行います。
弦高、オクターブ調整。
ポット、スイッチのガリなど確認して
ピックアップバランスを調整して・・・
フレット・・・
ナット交換の完了。
軽いタッチでも反応が良く
非常に弾き易いギターでした。

PAGE TOP