ギターリペア、ギター修理、製作工房【ナインス】

Fender Telecaster Thinline

Fender / アッセンブリー修理 / ナット交換 / フレット交換 / ポット交換 /

フェンダー・テレキャスター・シンライン 72年製、テレキャスター・シンライン。
フレット交換、ナット交換、
ポット交換など行います。
フェンダー・テレキャスター・シンライン セミホロウ構造のボディには
この時期から
「ワイドレンジハムバッカー」と呼ばれる
ピックアップが搭載されています。
フェンダー・テレキャスター・シンライン 指板、ネック裏などの様子から
かなり弾き込まれてきたギターです。
フェンダー・テレキャスター・シンライン ネック、トラスロッドの状態をチェック。
フレット交換 指板の大きな塗装は行わず
塗装の剥がれなど
経年変化の雰囲気を残して
フレットを交換します。
フレット交換 溝の補修など行い
新たなフレットに交換します。
フレット交換 すり合わせ後、
フレットの形を再成形。
磨いて仕上げます。
指板サイド等の
塗装を補修。
ナット交換 続いて
ナットを交換します。
溝の接着剤を取り除き、
均します。
ナット交換 溝のサイズに合わせ・・・
フレット交換、ナット交換 弦間、接点を調整。
形を整え磨いて仕上げ。
ポット交換 ピックアップはオリジナルですが
過去にポット交換など行われてあります。
アッセンブリー修理、リペア 線は途中、
継ぎ接ぎだらけですので・・・
アッセンブリー修理、リペア 配線材を交換。
アッセンブリー修理、リペア Vol、Toneポットも交換して・・・
アッセンブリー修理、リペア 配線。
Telecaster Thinline ボディの汚れを落として・・・
Telecaster Thinline リペア完了。
Telecaster Thinline ネック状態が非常に良い為、
弾き易い弦高にセッテング出来ました。
Telecaster Thinline ボディ構造、ピックアップの
特徴が良く出た
甘く明瞭なトーンは魅力的。
飴色に焼けた塗装も
ヴィンテージ感満載の
COOLなテレキャスターでした。

PAGE TOP