ギターリペア、ギター修理、製作工房【ナインス】

Gallanギター

ギャラン / ナット交換 / フレット交換 /

 

共和商会のブランドGallan。
ギブソン・ファイヤーバードの
コピーモデルの様です。
派手な赤が非常に眩しいギターです。
消耗したフレットを抜き
指板の凹んだ部分を補修。
接着剤にローズウッドの粉を混ぜ
凹んだ部分を埋めます。
指板のRをチェック。
指板の状態をスケールで確認しながら
パテ埋め部分を中心に均します。
凹んだ部分も馴染みましたので
フレットを打つ準備をします。
フレット溝を掃除。
新たに打つフレットを曲げておきます。
指板の端に塗装が
分厚く入り込んでいる為、
オーバーバンディングスタイルで
フレットを加工してから打ち込みます。
長さを合わせカットした部分のバリ処理。
フレットの形を整えます。
打ち込みます。
途中から専用工具でプレス。
全てのフレットを打ち込みました。
余分な部分をカット。
ヤスリで両サイドを斜めに落とします。
スケールでフレットの高さ等
細かくチェック。
高い場所を中心にすり合わせをして
高さを揃えます。 
ヤスリで角を落とします。
すり合わせ後、平らになった
フレットの頭を丸めます。
スチールウールで傷を落とします。
磨いてフレット交換は終了。
次はナット交換です。
溝の古い接着剤を取り除きます。
きれいになりました。
新たに取り付けるナットの
平面出しをして溝のサイズに合わせます。
大まかに形を整え接着。
弦を張り音色を確かめながら溝切り調整。
ナットの調整が終ったら磨いて形を仕上げます。
ナット、出来上がり。
オクターブ、PUバランス等・・・
その他の微調整をして完了。
音を出してみると・・・。
以外に良いですね。
ゴキゲンなロックンロールなサウンドが
似合うギターでした。 

PAGE TOP