ギターリペア、ギター修理、製作工房【ナインス】

Gibson EDS-1275

Gibson / メンテナンス /

 

ギブソン EDS-1275。
1つのボディに12弦と6弦のネックが
一緒にある変形ギター。
レッドツェッペリンのジミーペイジの使用が
有名ですね。長い間使っていなかったので
調整してほしいとの事。 
配線、ピックアップ高さなどをチェック。
6弦、12弦共にネックは素直な順反り
でしたので問題ないでしょう。
オクターブを調整しておきます。
まず6弦側ナットの溝角度、接点など調整。
ナット調整後磨いて形状も修正します。
フレットも錆付いた状態でしたので
磨いておきます。
弦を張り微調整してします。
次は12弦側です。
ナットの形状を修正。
フレットの錆びも落とします。
弦を張り溝の調整します。
12弦ギターの調整は複弦がありますので
少々やっかいです。
バランスを調整して終了。
これ一本で色々な音色が楽しめますね。
ボディが大きいせいかピックアップが
振動をかなり拾うので面白い奏法も出来そう。
見た感じより抱えてみると以外に
弾きやすいギターでした。

PAGE TOP