ギターリペア、ギター修理、製作工房【ナインス】

Gibson ES-335

Gibson / ナット交換 / ネックアイロン / フレット交換 /

 

1973年製のGibson ES-335のリペア。
フレット、ナット交換のご依頼です。
オーナーの方は低い弦高が好みで
その様なセッティングをご希望との事。
まずはネックの状態をチェック。 
ロッドは締まり切った状態でも
ネックに反りがある為、
低い弦高だとハイポジションで
音詰まりをおこします。
まずはネックアイロンでネックの反りを修正。
その後、フレット交換を行います。
修正後。
トラスロッドもオープンな状態で
ネックの反りは修正出来ました。
次はフレット交換。
フレットを抜く際に指板を
痛めない様に抜きます。
欠けなどがあった場合は修正。 
全てのフレットを抜き終えました。
フレット溝を補修後、軽く指板調整。
指板の凹凸を均しアールを整えます。
スケールで確認しながら
ほぼ真っ直ぐな状態にします。
溝に残る木くずをクリーニング。
指板の調整は出来ましたので
フレットを打ち込みます。
新たに打ち込むフレットを
指板アールに合わせ曲げて
各フレットの長さに合わせカット。
指板周りにバインディングがある
ギターですので溝の長さに合わせ
フレット・タング・ニッパーで両端をカット。 
両サイドを調整。
ボディにあまり負担が
かからぬ様に工夫して打ち込みます。
全てのフレットを打ち込みましたら
両端の余分な部分をカット。
端を斜めに落とし・・・
ヤスリで調整。
指定の弦を張り
すり合わせ前にネックの状態を確認。
テンションをかけると
ネックも動きますのでロッドで微調整。
各フレット上の凹凸もチェック。
全体をすり合わせ、
フレット上を真っ直ぐにします。
すり合わせ後、平らになった
フレットをヤスリで形を整えて
弾き易い状態にします 
端のバリを処理。
専用工具でフレット頭を丸めます。
紙ヤスリで傷を落とし・・
スチールウール、金属用コンパウンドで
磨いて完了。
磨いた後のフレットは
弦との摩擦抵抗も減り
チョーキングなど演奏性も格段にUPします。
続いてナット交換です。
溝に残る古い接着剤を取り除きます。 
ナット溝を専用ヤスリで整えます。
ナット溝は綺麗な状態になりました。
ナットは牛骨に交換。
各面の平面を出して
溝のサイズ、底面を合わせます。
調整後、高さを記し
大まかに形成しておきます。
ナット弦幅を記し、使用する弦の
ゲージに合わせ溝切り。
ナット弦溝の調整。
弦高と合わせ繰り返し調整します。
調整が終わりましたら形を仕上げます。
コンパウンドで磨きます。
ペグも交換してほしいとの事でしたので交換。
再度、弦を張りオクターブ等々・・・
微調整をして全てのリペア完了。
修理後、ネックコンディションも
良くなりましたのでハイポジションでの
音詰まりもなく弦高を低めに
セッティング出来ました。
セミアコらしく音に暖かみと
切れの良さを併せ持つギター。
ずっと弾いていたくなるギターになったとの事。
よかったです。

 



PAGE TOP