ギターリペア、ギター修理、製作工房【ナインス】

Gibson ES-335 Lefty

Gibson / ネック折れ / レフティー /

 

あまり見かけないレフティ、
ギブソンES-335の修理です。
「セミアコ」独特の甘く
コシのあるサウンドが人気のモデル。
倒してネックを折ってしまったとのご相談。
折ってから結構時間が
経っているようですが
予算などの関係で今回は
再接着主体で修理します。
ネック、トラスロッドの状態をチェックして・・
接着剤をすり込みクランプ。
乾燥させます。
  続いて
塗装の下処理を行い・・・
クリアー吹き。
乾燥後、均して・・・
磨きます。
長い間、弾かれていなかった為、
錆ついたフレット。
磨きます。
ボディの汚れもクリーニング。
弦を張り
ネックの状態を確認。
トラスロッドでネックの反りを直し。
ナット溝も修正。
オクターブ、弦高を調整して・・・
ネック折れの修理完了。
折れた部分はパッと見、
ほとんど判らなくなり・・・
問題無く弾けるようになりました。

PAGE TOP