ギターリペア、ギター修理、製作工房【ナインス】

Gibson Hummingbird

Gibson / サドル交換 / ナット交換 / フレット交換 /

Gibson Hummingbird ピックガードに描かれたハチドリが
特徴のGibson Hummingbirdのリペア。
Gibson Hummingbird 消耗したフレット、ナット交換などを行います。
Gibson Hummingbird まずはネック周りの状態をチェック。
非常に良い状態です。
Gibson Hummingbird ギターの内部、
ブレーシングの剥がれなど
不具合はありませんでした。
Gibson Hummingbird まずはナットを外します。
指板のチップに気をつけながら
ゆっくりフレットを抜きます。
Gibson Hummingbird 指板調整を行います。
Gibson Hummingbird 指板のアールを確認。
Gibson Hummingbird 溝を補修して全体を均します。
新たに打ち込むフレットを曲げて・・・
Gibson Hummingbird 各フレットの長さに合わせて
大まかにカット。
Gibson Hummingbird 指板にはバインディングがありますので
溝の長さに合わせて専用工具で
フレット足を調整します。
フレットの下処理を行ったら・・・
Gibson Hummingbird 打ち込みます。
Gibson Hummingbird 余分な部分を除去して
フレットサイドを斜めに落とし・・・
フレットの端に指が
引っ掛かないようにバリ処理。
続いて、ナットを制作します。
牛骨素材をナット溝サイズに削り・・・
大まかな形に粗成形して・・・
溝に接着します。
Gibson Hummingbird 弦を張って弦間を切り、
大まかに接点、高さを調整。
フレット擦り合わせ前に
各フレットの凹凸をチェックして全体を均します。
専用ヤスリで頂点を出して
フレットを再成形。
ギブソン・ハミングバード 磨いて仕上げます。
ギブソン・ハミングバード ナットも形を整えて
磨いて仕上げ。
ギブソン・ハミングバード 最後にサドル交換。
ギブソン・ハミングバード サドル素材の各面を削り・・・
ギブソン・ハミングバード 溝のサイズに合わせます。
ギブソン・ハミングバード 弦高、オクターブを調整後、磨いて・・・
ギブソン・ハミングバード 仕上げます。
ギブソン・ハミングバード 弦高もご希望の高さにセッテイングして・・・
ギブソン・ハミングバード リペア完了です。
ギブソン・ハミングバード フレット交換後は反応もUP。
倍音も豊かで広がりのある中音域が
心地良いアコースティックギターでした。

PAGE TOP