ギターリペア、ギター修理、製作工房【ナインス】

Gibson J-200

Gibson / ブリッジ剥がれ / 全体調整 /

 

「キング・オブ・フラットトップ」と呼ばれる
Gibson J-200。
ブリッジ剥がれ修理などのご依頼。
ネックの状態をチェック。
弦高など全体のメンテナンスも行います。
弦高は12フレット上で
約3.5ミリあります。
ギター内部の様子。
ブレーシング剥がれなど
不具合をチェック。
サドル下には
ピエゾ・ピックアップが仕込まれていますが
ブリッジを外すの邪魔になりますので
外しておきます。
ブリッジを外す準備。
ブリッジを温めて
ゆっくり外します。
外したら接着剤をクリーニング。
ブリッジ周りを
タッチアップ塗装。
乾燥後、
均して磨きます。
表面板とブリッジの
当りを調整後、接着。
手早くクランプして3~4日放置します。
乾燥後、外した
ピエゾ・ピックアップを取り付け。
ブリッジピン穴など調整して
ブリッジ再接着は完了。
弦を張りネックの状態を確認。
トラスロッドで反りを調整。
サドルを削り弦高を調整します。
希望の弦高になったら
磨いて仕上げます。
指板をマスキングして
経年変化でくすんだ
フレットを磨いて仕上げ。
弾き心地は
格段にアップします。
サイドバック材は
美しいフレイムメイプル。
17インチ、ジャンボ・ボディ。
パワフルながら引き締まった音が
印象的なギターでした。

PAGE TOP