ギターリペア、ギター修理、製作工房【ナインス】

ギブソン J-45

Gibson / ナット交換 / ネックアイロン / フレット交換 /

 

ギブソン製、
アコースティックギターの定番
Gibson J-45の修理。
この個体は過去に大きな
ネック折れ修理をして
弾き続けられてきたギターです。
今回はネックが反ってしまい
弾き辛いので直してほしいとのご依頼。
ネック等状態を確認すると・・・
順反りが強く、
弦高も約3.5mmありますので
ハイポジションでは
少々弾き辛い状態。
トラスロッドに
反りを修正する余裕が
ありませんのでネックアイロンや
指板調整を併せて行います。
何度かのアイロン修正後、
フレット、ナットを交換。
フレット溝を補修して
指板調整。
新たに打ち込むフレットに
アールをつけて・・・
打ち込み。
フレットサイドを均して・・・
バリ処理。
引っ掛かりのないようにします。
指板サイドの塗装も補修。
続いてナット交換。
無漂白の牛骨素材で交換します。
ナット溝をクリーニング後、
サイズにあわせて削り
大まかな形に成形。
取り付け後、溝切り。
接点を調整します。
続いて
フレットの摺り合わせ。
各フレットの高さをチェックして
全体を均します。
削ったフレットを再成形して
磨きます。
最後にネック裏、ボディの
汚れを落として・・・
修理完了です。
修理後、
ロッドに余裕がある状態で
強い反りは修正出来ましたので・・・
弾き易いギターになりました。
Gibson J-45,NINTH,ナインス,ギターリペア,ギター修理 ギブソンらしいゴリゴリした
サウンドが心地良いギターでした。

PAGE TOP