ギターリペア、ギター修理、製作工房【ナインス】

ギブソン J-45

Gibson / クラック修理 / ナット交換 / フレット交換 / ブレーシング剥がれ /

フレットを抜きます。

Gibson J-45 マーティンのドレットノートに対抗して
ギブソンが製作したジャンボシリーズ。
その代名詞のような人気のアコギ。
60年代製、GIBSON J-45のリペアです。
Gibson J-45,アジャスタブルブリッジ 年代により仕様が違いますが
このアジャスタブル・ブリッジが生み出す
独特のトーンも魅力的なギターです。
Gibson J-45、フレット交換 今回は消耗した
フレット交換など行います。
Gibson J-45、ナット交換 60年代ギブソン特有の
低いフレットから少し高さのある
フレットに交換しますので
ナット交換も必要になります。
Gibson J-45 指板調整前に
外しておきます。
Gibson J-45、ブレーシング剥がれ ギター内部をチェック。
数ヶ所の力木剥がれと
クラックがありました。
Gibson J-45、ブレーシング剥がれ ここも剥がれています。
Gibson J-45、クラック ピックガード脇には
ボディ割れが入っています。
Gibson J-45、クラック 裏側からも亀裂が見えます。
Gibson J-45、クラック 指板脇にも割れが入っています。
Gibson J-45、クラック 割れ部分には裏側から
パッチを当てて処置。
ギブソンJ-45 何度かに分けて圧着。
乾燥させます。
ギブソンJ-45 力木剥がれも
接着剤をすり込んで圧着。
ギブソンJ-45、クラック 割れ部分が大きく
広がるのを防ぎます。
ギブソンJ-45、クラック サウンドホール脇の割れ止めパッチ。
ギブソンJ-45、フレット 続いてフレット交換の作業。
指板のアールを確認。
ギブソンJ-45 トラスロッドでネックを微調整。
併せてフレット溝を補修して
指板調整をします。
ギブソンJ-45 指板、ネックの状態をチェック。
ギブソンJ-45 指板調整は完了。
ギブソンJ-45、フレット >次は新たに打ち込むフレットを曲げて・・・
ギブソンJ-45 溝の長さに合わせてカット。
ギブソンJ-45 打ち込みます。
ギブソンJ-45 全フレットを打ち込みました。
ギブソンJ-45 余分な部分をカットして・・・
ギブソンJ-45 端を斜めに削ります。
ギブソンJ-45 すり合わせ前に
ナットを取り付けます。
ギブソンJ-45 溝の接着剤をクリーニング。
ギブソンJ-45 取り付ける牛骨を
溝サイズに合うように削ります。
ギブソンJ-45 高さを記して・・・
ギブソンJ-45 ヤスリで荒成形。 
ギブソンJ-45 溝に接着。
ギブソンJ-45 ナットの弦溝を切り
接点、高さなど大まかに調整。
次はフレット擦り合せです。
ギブソンJ-45 擦り合せ前に
各フレットの高さをチェック。
ギブソンJ-45 高いフレットを中心に
全体を均します。
ギブソンJ-45 すり合わせで平になった
フレットクラウン。
ギブソンJ-45 専用工具で形を整えます。
ギブソンJ-45 引っ掻かりのないように
フレットサイドのバリ処理。
ギブソンJ-45 サンドペーパー、
スチールウールなどで
徐々に磨いて・・・
ギブソンJ-45 仕上げます。
ギブソンJ-45 荒成形のままだった
ナットも形を整え
マイクロメッシュで磨きます。
ギブソンJ-45 弦溝の最終調整をして・・・
ギブソンJ-45 ナット交換も完了。
ギブソンJ-45 アジャスタブル・ブリッジですので
弦高調整も楽でいいですね。
ギブソンJ-45 オーナ様のご希望通り
弦高は低めにセッティング。
ギブソンJ-45 全リペアは完了。
ギブソンJ-45 セラミックサドル独特のジャキジャキ感が
クセになるヴィンテージギターでした。

PAGE TOP