ギターリペア、ギター修理、製作工房【ナインス】

Gibson J-45

Gibson / サドル交換 / ナット交換 / ブリッジ再接着 /

 

ギブソン.J-45,Gibson  ギブソンJ-45の修理。
長い間弾かずに置いてあったとの事。
ギブソン.J-45,Gibson,ブリッジ  ブリッジの端など浮いていますので
ブリッチを外し再接着します。
ギブソン.J-45,Gibson,ブリッジ  ブリッジに熱をかけ接着を緩くします。
ギブソン.J-45,Gibson,ブリッジ  ブリッジが外れました。
ギブソン.J-45,Gibson,ブリッジ 古い接着剤を取り除きましょう。
ギブソン.J-45,Gibson,ブリッジ  接着剤を取り除きましたら
再接着します。
ギブソン.J-45,Gibson,ブリッジ  接着剤が硬化するまで数日置いておきます。 
ギブソン.J-45,Gibson,ブリッジ  数日後クランプを外します。
ブリッジピン、ナット、サドルも交換しますので
ブリッジはしばらくこのままにしておきます。
ギブソン.J-45,Gibson かなり長い間放置されていた様子なので
錆びついたフレットと指板も磨いておきます。
ギブソン.J-45,Gibson,ナット 次はナット交換。
古いナットを外します。
ギブソン.J-45,Gibson,ナット   溝の接着剤をクリーニング。
ギブソン.J-45,Gibson,ナット  新しく取り付けるタスクナットの各面
の平面出しをしておきます。
ギブソン.J-45,Gibson,ナット  ナット溝のサイズに合わせます。
ギブソン.J-45,Gibson,ナット  大まかに形を整えます。
ギブソン.J-45,Gibson,ナット  ナットを接着。
ギブソン.J-45,Gibson,ブリッジ  ブリッジピン穴の調整。
ギブソン.J-45,Gibson,ブリッジ  ブリッジを外す際取り除いた
飾りの貝を入れます。
ギブソン.J-45,Gibson,サドル  タスクサドルの各面の平面を出し
サドル溝のサイズに合わせます。
ギブソン.J-45,Gibson,サドル  サドル溝のサイズに合いました。
ギブソン.J-45,Gibson,ナット  ナットの接着が終わりましたら
弦を張り大まかなナット溝の調整。
この後サドルの高さと併せて最終調整。 
ギブソン.J-45,Gibson  オークターブが合わないとの事でしたので
専用工具でオクターブ調整をします。
ギブソン.J-45,Gibson,サドル  サドルをオクターブにあわせ形を整えます。
ギブソン.J-45,Gibson,サドル  ナット溝とあわせて高さを調整。
ギブソン.J-45,Gibson,ナット 調整が終わりましたら
形を仕上げてコンパウンドで磨きます。
ギブソン.J-45,Gibson,修理  修理、調整後は音量、音の立ち上がりもUP。
ピッチも安定し弾いていて気持ち良いギターに
なりました。

PAGE TOP