ギターリペア、ギター修理、製作工房【ナインス】

ギブソン J-50

Gibson / ナット交換 / ブリッジプレート補強 / 全体調整 /

 

90年代製、ギブソンJ-45と並ぶ
ギブソン・アコギの定番モデル
J-50の修理調整。
ナットは溝の消耗で開放時、
ビリ音が発生しますので交換します。
ネックの状態をチェック。
弦高も少々高い状態です。
ギターの内部、
ブレーシングの剥がれなどチェック。
トップ板、ブレーシングは
スキャロップ仕様です。
ブリッジピン穴周りは
弦エンドポールによる痛みがある為、
補修します。
工具で痛んだ部分を・・・
削ります。
その部分に
メープルの端材を・・・
接着。
乾燥させます。
全ての穴を補強。
再度、穴を開けて・・・
ピン穴、溝を調整。
補強後。
弦の振動をしっかり
伝えられるようになりました。
続いてナットを交換します。
溝の接着剤を除去して
面を整えます。
牛骨素材を加工します。
各面を整えて・・・
溝のサイズに合わせて・・・
 大まかな形に成形します。
溝に取り付けて
元ナットから弦間を写し・・・
溝切り。
併せてトラスロッドで
ネックの反りを修正。
サドル底を削り、
目標弦高に調整します。
弦高調整後、
サドル頂点など修正して
磨いて仕上げ。
ナットも形を整えて仕上げます。
経年変化で汚れている
指板、フレットも・・・
磨いて仕上げ。
ボディもクリーニングして・・・
リペア完了。
開放時のビリッキも解消。
12F上、3mm以上あった弦高も
弾き易くセッテング。
ハイポジションまで弾き易くなりました。
スキャロップ・ブレーシング仕様の為、
明瞭な低音が心地良いギターでした。

PAGE TOP