ギターリペア、ギター修理、製作工房【ナインス】

ギブソン J-50

Gibson / ブリッジ再接着 /

 

年代のわりに非常にきれいな1966年製のギブソン J-50。
ブリッジが剥がれ端が浮いてしまったとの事。
ブリッジの端、約5ミリほどパレットナイフが入ります。
軽くクランプをかけてみましたが中の接着材をとらないと
密着しませんのでブリッジを外し再接着する事にしました。
内部も見てみます。
アジャスタブルサドルのボルトが見えます。
ブリッジプレートが少々痛んでいますが力木の
剥がれもない様です。
ブリッジに熱をかけ接着剤を緩くします。
熱が冷めないうちにブリッジを外していきます。
ブリッジが外れました。
剥がれの原因は塗装がブリッジサイズギリギリまで
剥がされていなかった為、その部分が剥がれて浮いて
しまったようです。
ブリッジサイズギリギリまで塗装を剥がし
接着部分をきれいにします。
ブリッジ側も古い接着剤を取り除ききれいにします。
接着の準備が整いました。
手早く接着し乾くまで待ちます。
乾いたらブリッジピン穴の接着剤を取り除き
弦を張り終了です。
アジャスタブルサドル独特の音が気持ちよい
非常にきれいなギブソン J-50でした。

PAGE TOP