ギターリペア、ギター修理、製作工房【ナインス】

Gibson L-0

Gibson / サドル交換 / ナット交換 / ネックアイロン / フレット交換 / ブリッジ再接着 /

戦前もの、1930年~31年製だと思われる
GibsonL-0のリペアです。ブラック・フィニッシュなので
判りづらいですがトップ板、サイドバック板もマホガニーです。
その上、12Fジョイントでブラックフィニッシュ
ですから非常にレアなモデルです。
内部の様子をチェック。
ブレーシングはラダーではなくXブレーシングです。
年代から見てもギブソンの
Xブレーシングのはしりだと思われます。
写真などは貴重な資料とさせていただきます。
トップ板の力木に剥がれがありましたので修理。
トップ板、力木などの作りは非常に薄いので
慎重に作業します。
ボディ全体もビックリするほど軽量です。
力木の修理後は剥がれかけたブリッジの修理です。
ラバーヒーターでブリッジに熱を加え
古い接着剤を軟化させます。
接着剤が緩みましたら
パレットナイフなどでブリッジを外します。
ヴィンテージギターはどうしても経年変化から
トップ板が膨らむ傾向にありますので
ブリッジ底とトップ板の形状を極力合わせます。
ブリッジとボディがしっかり合わさりましたら
細部をチェックして手早く接着。
3日程クランプしておきます。
トップの膨らみ、ネックの順反り等で
少し弦高が高い状態ですので
ネックヒーターで時間をかけ修正します。
ネックも良い状態に修正出来ました。
次は消耗したフレットの交換。
フレットをこてで暖めて極力指板が
めくれないように抜いていきます。
指板のアールを確認。
指板を調整。
状況にもよりますが、指板調整をしておきますと
フレット打ち込み後のすり合わせ作業時に
新たなフレットをあまり削る事無く作業出来ます。
指板アールの修正。
そしてフレット溝を調整。
溝をクリーニングします。
新たに打ち込むフレットのタング部分を
フレット溝の幅に調整しておきます。
新しいフレットを指板のアールにあわせカット。
このギターの板厚は非常に薄い為、
サウンドホール付近のフレットは専用工具でプレス。
これで極薄ボディに大きな衝撃を与える事無く
打ち込むことが出来ます。
フレットを打ち込みました。
はみ出したフレットをカットしていきます。
フレットの端をヤスリで斜めに揃えます。
通常この後フレットのすり合わせの作業ですが
このギターにはサイドポジションのマークがありません。
付けてほしいとの事でしたのでサイドポジションを
加えます。
フレットの状態を直定規など確認。
フレットのすり合わせを行います。
フレットエッジのバリ処理。
すり合わせ後、平らになったフレットの頭を
専用工具で丸く処理していきます。
その後、荒目のペ-パーヤスリから徐々に番目を上げ
途中、スチールウールに変えて傷を落としていきます。
仕上げはコンパウンドで磨き上げフレット交換は完了。
次はナット交換です。
ナット溝の古い接着剤をクリーニング。
素材の黒檀を適当なサイズにカット。
ナット溝のサイズにあわせます。
大まかにナットを成形。
そしてナット溝に軽く接着します。
サドルも交換しますので素材、牛骨の平面だしをして
サドル幅のサイズに合わせます。
このギターはロングサドルですので
両サイドの加工をミニルーターで行います。
ナット、サドルともに大まかな形を整えましたら
実際に弦を張り弦高などの調整をします。
ここでの調整が弾き易さにかなり影響しますので
慎重に微調整を繰り返します。
溝の調整後、ナットの形を整え磨きます。
ナットの完成。
サドルも完成です。
最後にペグ交換です。
最近は1920年代に使われていた
オープンバッグタイプのペグ復刻版が出ています。
マイナスネジ仕様でレリック加工がしてあり
その上、精度も良いですのでお勧めです。
最終的に弦高も12F上で
6弦 約2.3~1弦 約1.6ミリにセッティング。
戦前ギターの貴重な素材、軽量な作りなどと相俟って
レスポンスの早い明瞭な音が素晴らしい・・。
貴重な戦前ギブソンでした。

PAGE TOP