ギターリペア、ギター修理、製作工房【ナインス】

Gibson Les Paul

Gibson / ナット交換 / ネック反り修正 / フレット交換 /

 

最近、非常に多いネックの反りについてのご相談。
このギブソン・レスポールもやはりネックの反りが強く
ハイポジションでの演奏が非常に厳しいとの事。
トラスロッドは回し切った状態。
このまま弦高を下げると
ハイポジションで音詰まりを起こします。
オーナーの方からは
「なんとか良い状態にしてほしい・・・」とのご相談。
何度かに分けてネックヒーターで矯正。
併せてフレットを交換をして最終的に
弦高を下げて弾き易い状態に調整します。
アイロン調整後、
ネックは大体真っ直ぐな状態にまで修正出来ました。
次はフレットを交換。
消耗したフレットを抜きます。
溝に残った接着剤をクリーニング。
ナットも交換しますので
ここでナットも外しておきます。
ナット周りにカッターで切り込みを入れ
軽く叩いて外します。
フレットを抜いた後は指板を調整。
溝の木くずを掻き出します。
フレット溝を調整。
新たなフレットを打ち込む前に
フレット溝の幅をチェック。
溝の幅に合わせて
フレットタングを調整。
指板アールに合わせフレットを曲げておきます。
フレットを溝の長さに合わせカット。
指板周りにバインディングがあるギターですので
溝の長さに合わせフレット・タング・ニッパーで
両端をカット。
ヤスリで調整して仕上げます。
フレットを打ち込みます。
全てのフレットを打ち込みました。
フレット打ち込み後は
余分な部分をカット。
フレットサイドをヤスリで斜めに落とします。
次はすり合わせの準備です。
仮ナットを取り付けて弦を張り
テンションをかけた状態でネック、フレット上の
凹凸をチェツク。
高い部分を中心にフレットのすり合わせを行います。
すり合わせ後、平らになったフレット頭を丸めます。
紙ヤスリなどで細かい傷を消していきます。
最後に金属用コンパウンドで磨いて完了。
ピカピカになりました。
次はナット交換です。
溝に残る古い接着剤を取り除き
溝の平面を出します。
ナット溝は綺麗な状態になりました。
ナット素材はミカルタから牛骨に交換。
各面の平面を出しておきます。
牛骨を溝サイズに合わせ、
溝の底面にしっかり合うように調整。
調整後、高さを記し・・・。
大まかに形成して軽く接着。
ナット弦幅を記し、使用する弦の
ゲージに合わせ溝を切ります。
ナット弦溝の調整。
弦高と合わせ繰り返し調整します。
調整が終わりましたら形を仕上げます。
最後はコンパウンドで磨きナットは完成。
オクターブなど、その他の調整をしてリペア完了。
弦高も低くセッティング。
ネックもトラスロッドに余裕を残した状態で
真っ直ぐになりました。
リペア後、ハイポジションへの運指も違和感なく
出来る様になり非常に弾き易いギターになりました。

PAGE TOP