ギターリペア、ギター修理、製作工房【ナインス】

ギブソン レスポール

Gibson / ネック折れ / 全体調整 /

 

ネックが折れた状態で8年位置いてあったという
ギブソン・レスポールの修理依頼。
折れてからかなりの時間が経っているわりには
折れ口は綺麗な状態でした。
ギブソン系のヘッド角度がついてるギターは比較的軽い
衝撃でもヒビや大きな割れを起こす場合が多いです。
そんな場合は早めの処置をお勧めします。
割れ口が綺麗だったのと予算の関係もあり
補強をいれずに再接着して修理します。
クランプ中の写真は撮り忘れましたが
折れ部分も塞がりしっかりと接着出来ました。
接着後は湿気止めと手触りの違和感をなくす為に
塗装を施します。軽くサンディングして新たな塗装の
食いつきがよくなるようにします。
クリアーを数回重ねます。
しっかり乾燥後、水研ぎをして仕上げます。
元々、木部が見えるシースルー塗装ですので
目を凝らしますと多少折れ部分はわかります。
ぱっと見では、ほとんど判らないと思います。
ペグを取り付けて・・・。
錆付いたフレットを磨き、
ネックの状態をトラスロッドで微調整して修理完了。
ピックアップなどの電気周りも問題ありませんでした。
分厚い中低音と、トップ板のトラ目が
非常に印象的なレスポール。
この後、8年の時を経て再びメインギターとして
LIVE、RECなどで活躍するとの事。
良かったです。

PAGE TOP