ギターリペア、ギター修理、製作工房【ナインス】

ギブソン LG-0

Gibson / クラック修理 / ナット交換 / フレット交換 / ブレーシング剥がれ /

 

60年代製、
オールマホガニーギター、
ギブソンLG-0。
フレット交換やブレーシングなどの
不具合を修理します。
ボディ全体には
ウェザーチェックが入って
なかなかの風貌。
このモデルにはよくある改造ですが
ブリッジは過去に交換されています。
ギター内部をチェック。
力木の配置はシンプルな
ラダーブレーシング。
ブリッジプレートは
補強修理が行われたようです。
ブレーシングの剥がれ、
指板に沿ってのクラック・・・
裏板にもクラックがありますが
後ほど修理します。
ネックの状態をチェック。
非常に良いコンディション。
オーナー様からは高さのある
フレットに交換してほしいとの
オーダーです。
板のチップに気をつけながら
ゆっくりフレットを抜きます。
溝の補修後、
指板調整を行います。
新たに打ち込むフレットを
長さをあわせてカット。
打ち込みます。
フレットの余分な部分をカット。
フレットサイドを斜めに削り
バリ処理などを行います。
フレット打ち込みなど
ボディに負担がかかる作業は終えましたので
ブレーシングの剥がれを直します。
指板に沿ってクラックがあります。
マホガニーの端材で
パッチを作ります。
クラックが広がらないように
パッチを接着。
裏板にもクラックが入っています。
クラックに沿ってパッチを接着。
割れがこれ以上広がらない様にします。
続いて
ナット交換です。

溝の接着剤を除去。
素材をナット溝の
サイズに削り制作。
溝に取り付けて
弦間を写し・・・
弦を張って大まかに
接点、高さを調整。 
続いて
擦り合わせの準備。
トラスロッドで調整。
各フレットの高さをチェック。
フレット擦り合わせ後、
再成形して磨き仕上げます。
ナットも形を整えて・・・
仕上げ。
サドルは元の物を再成形。
ご希望のハイポジションまで
弾き易い弦高にセッテングして・・・
仕上げ。
全リペア完了です。
フレット交換後は
押し弦が非常に楽になったとのこと。
良かったです。
スモールサイズでナローネックですので
握りやすく扱いやすいギターですね。
ガランと枯れた独特なサウンドが癖になる
ヴィンテージ・アコースティックギターでした。

PAGE TOP