ギターリペア、ギター修理、製作工房【ナインス】

ギブソン SG

Gibson / ナット交換 / ピックアップ取り付け / フレット交換 /

 

ピックアップなど部品を外された状態で
持ち込まれた70年代ギブソンSG。
ナットを外しました。
消耗したフレットも抜きます。
フレット溝に残った古い接着剤を取り除きます。
溝の修正後、指板の状態をチェック。
経年変化などで崩れたRを修正。
フレットを曲げておき
打ち込む準備をします。
フレットの打ち込み。
途中から専用工具でプレスします。
全てのフレットを打ち終えましたら
フレットの端を斜めに削ります。
次はすり合わせです。
フレットの高さをチェックして高いフレットを削り
フレット上を真っ直ぐにしていきます。
すり合わせが終りましたらフレットの形を整えます。
すり合わせで平らになったフレットの角を
ヤスリで落とします。
フレットの頭を専用工具で丸めます。
フレットの傷を落として磨きます。
フレット交換は終了。
次はナット交換をします。
溝の古い接着剤を取り除きます。
きれいになりました。
新たに取り付けるナット素材の面出しを行います。
溝のサイズに合わせます
ナットの形を大まかに整えます。
接着後、溝の角度など調整し磨きます。
左利きでの調整でしたが無事終了。
次は配線など電気周りをリペアします。
ポット、ジャックなど取り外し
クリーニングします。
ノイズを軽減する為
コントロールキャビティーに導電塗料を塗布します。
PUのザグリ内にも塗布。
線材をWestern Electricなどに交換し配線。
通電チェック。
その他、もろもろ調整して終了。
ボディ鳴り、音抜けも良いギターでした。 

PAGE TOP