ギターリペア、ギター修理、製作工房【ナインス】

GIBSON SG SPECIAL

Gibson / ネック折れ /

 

70年代に製造されたと思われる
ミニハムバッカー搭載期の
GIBSON SG SPECIAL。
gibson sg / ネック折れ ネックが折れてしまったとのご相談。
折れ口がきれいな事と
予算の関係もあり
補強なしの再接着修理で
対応します。
折れ口の状態を確認後、
接着剤を入れて
手早くクランプで締め込みます。
数日間しっかり乾燥。
折れ部分を滑らかに仕上げるのと
湿気対策をかねて塗装作業に入ります。
折れ部分を中心に
クリアーを数回塗り重ねます。
塗膜が乾燥後、水研ぎ。
ポリッシュで磨いて仕上げます。
ボディ、その他部品もかなり
汚れていましたので外してクリーニング。
ボディも汚れを落とします。
錆びついたフレットは
指板をマスキングして・・・
スチールウールなどで磨いて・・・
金属用コンパウンドで仕上げ。
フレット・クリーニング後は
運指も滑らかになります。
ヘッドに外してあった
ペグを取り付けて弦を張り
細部を調整。
チューニング時の
ネックの動き、反りを確認。
トラスロッドで微調整します。
各弦、ナット溝の高さなど接点を
ヤスリで調整。
弦高、オクターブ、
ピックアップの高さを調整。
ネック、フレットの
コンディションを整えて
弾き易い弦高にセッティング。
ピックアップ、ポット、ジャックなど
電気周りもクリーニングして・・・
全てのリペアを完了。
今回、ネックの折れ口が
きれいだった事もあり、折れ跡は
目を凝らさなければ、ほとんど
判らないレベルに補修出来ました。
gibson sg / ネック折れリペア ミニハム独特の抜けのよい
パリッと艶やかな音が
気持ちよいギターでした。

PAGE TOP