ギターリペア、ギター修理、製作工房【ナインス】

Gibson Thunderbird

Gibson / ナット交換 / ネックアイロン修正 / フレット交換 / ベース / 指板剝がれ /

 

76年製、
ギブソン・サンダーバード・ベースの修理依頼。
弦高が高く弾き辛い為
ずっと弾いていなかったとの事。
全体をチェック。
2PU、ネックはスルーネック仕様、
他のギブソン製ベースと違い
フェンダーと同じ34インチの
ロングスケールです。
ナット下辺り、
指板の剥がれがあります。
ネックの状態は順反りが大きく
12F上の弦高も6ミリ位。
チューニング前後での
ネックの動きが非常に大きい為
セッティングが難しい個体ですね・・・。
トラスロッドも回り切った状態。
細部をチェックした結果
ネックの大きな反りを
ネックヒーターなどで修正。
最終的に弾き易い弦高に
セッテイングします。
1ヶ月以上の時間をかけて修正後
ネックの反りも大幅に解消され
弦高も修正前と比べかなり低くなりました。
まだ反りがある状態ですので
この後、フレット交換などとあわせて
もう少し下げられるように調整します。
まず指板の剥がれを再接着。
ペグのブッシュも外れていましたので・・・
軽く接着して修理。
次はフレットを交換。
フレットを抜く際に指板がチップしないよう
注意して抜きます。
フレットを抜き終えたらフレット溝を補修。
フレット打ち込み時に
ネック反りの矯正もしますので
溝を細めに補修。
指板上をチェック
指板アールも整えます。
指板をクリーニング。
溝もクリーニング。
溝の幅を確認。
指板アールもチェック。
指板アールに合わせフレットを曲げて
溝の長さに合わせカット。
フレット打ち込み時に
ネックの状態を確認しながら
フレット・タングなどを調整して
反りを矯正しながら打ち込みます。
打ち込み。
全てのフレットを打ち込みました。
フレット打ち込み後は
余分な部分をカット。
サイドをヤスリで削り斜めに落とします。
フレットサイドを削り斜めに落とします。
弦を張りネックの動きを確認。
弦高も2ミリ位まで下げられました。
フレットサイドのバリ処理時
削れた塗装をタッチアップ修正。
乾燥後、均します。
フレット擦り合わせ前に
ナットを製作します。
ナット・スロットをクリーニング。
底も専用工具で平らに調整。
牛骨素材のナット・ブランクを
溝のサイズにあわせてカット。
各面を調整後、溝にあわせ
大まかな高さを記し・・・
糸鋸でカット。
ヤスリで削り荒成形します。
溝に接着後
弦間ピッチを罫書き・・・
大まかに弦の角度、接点を調整。
フレット擦り合わせの準備をします。
ネックの状態を確認。
各フレット上の凹凸をチェック。
高いフレットを中心に
全体を均しすり合わせます。
次はフレット成形。
手で触って引っ掛かりのない様に
フレットエッジを処理。
指板にマスキングして
すり合わせで平らになったフレットを整えます。
専用工具でフレット頂点を丸めて・・・
荒目のヤスリから徐々に番目を上げて・・・
スチールウールで
滑らかになるように仕上げます。
最後、金属用コンパウンドで磨き・・・
フレット作業は完了。
次はナットを仕上げます。
弦溝の最終調整後
ヤスリで高さ、形など整えて
マイクロメッシュで磨き・・・
仕上げます。
ブリッジ・サドル上のアールと
指板のアールが合っていない為、修正。
オクターブ、弦高調整など調整して
リペア完了。
リペア後は大きなネックの反りも修正。
弦高も好みに合わせ、弾き易い状態に
セット出来る様になりました。
只、かなり動きやすいネックですから
修理後の管理など注意も必要です。
弾き易くなったので今後はライブなどで
使われるとの事・・・よかったです。
ネックの反りも時間をかければ
直す事は可能です。
ご相談下さい。

PAGE TOP