ギターリペア、ギター修理、製作工房【ナインス】

Greco レスポール

Greco / アッセンブリー修理 / ネック折れ / ピックアップ取り付け /

 

80年代製と思われる
グレコ・レスポールモデルの修理です。
外されているピックアップ、ポットなどは
後ほど組み直します。
まずは大きく折れている
ネックの修理。
折れ具合、細部をチェックして
接着剤を入れて接着します。
写真を撮り忘れましたが・・・ 接着後。
今回はオーナー様と相談の上、
補強を入れての修理となります。
折れ部分の周りを大きく削ります。
マホガニーの補強材を作り
削った部分との当たりを調整して・・・
接着します。
ヤスリで補強材を削り・・・
形を整えます。
この後、導管を埋めて均し塗装の準備。
同系色で着色して補強部分をぼかします。
乾燥後、水研ぎして・・・
仕上げ。
弦を張りネックの状態を確認して
次の作業に進みます。
続いて
ギター・アッセンブリー。
ピックアップ、ポットなどを
組み込みます。
ピックアップの位相、抵抗値などチェック。
ポットの軸径に合わせて
リーマーで穴を広げて・・・
配線。
続いて
汚れた指板、フレットを・・・
クリーニング。
ピカピカに仕上げます。
ペグなど金属部品の汚れも落とします。
続いて弦を張り
最終セッテイング。
ネックの状態を確認して調整。
弦高、ナット溝、オクターブ調整して
リペア完了。
元の塗装はシースルーですので
目を凝らせば補強跡はわかりますが
ぱっと見、然程気にならないと思います。
ネック折れ修理後、
前と変わらず演奏を
楽しめるようになりました。

PAGE TOP