ギターリペア、ギター修理、製作工房【ナインス】

Gretsch 6121

Gretsch / アッセンブリー修理 / サウスポー / ナット交換 / 全体調整 /

 

グレッチ6121のリペアです。
比較的珍しいサウスポーモデル。
音が出ませんのでチェック。
配線など過去にいじられた様です。
配線を修正。 
フルタートロンのピックアップも
問題なく、音は出るようになりました。
続いてネックをチェック。
反りを修正。
ロッドの効きもしっかりしていましたので
良い状態になりました。
軽く弾いても開放弦でビリツキ音が出る程
ナットは消耗していますので交換します。
ナットを外し・・・
溝の接着剤を除去。
ヤスリで溝の平面出しをておきます。
新たに取り付ける無漂白、牛骨素材。
溝のサイズに合わせて削ります。
フレット高さを基準にナットの高さを記し・・・
大まかな形に削ります。
成形したら溝に接着します。
弦を張り元ナットの弦間を記し
溝を削りながら高さなどを調整。
サウスポーでの溝切りは感覚が
何時と違いますのでなかなか難しいですね。
調整後、ヤスリで削り形を整え・・・
マイクロメッシュなどで磨き
仕上げます。
続いてネック周り。
フレットサイド、指板の経年変化で
フレットが飛び出して引っかかりますので修正。
指板、フレットの汚れを落とし・・・
最後にコンパウンドで磨き・・・
仕上げ。
運指もスムースになります。
ペグ、ヘッド・・・
ボディの汚れも落とします。
最後に新しい弦を張り、セッテング。
弦高、オクターブ調整をして・・・
リペア完了です。
グレッチ独特の雰囲気、サウンド等
多くの人が魅了されるのがわかる
COOLなギターでした。

PAGE TOP