ギターリペア、ギター修理、製作工房【ナインス】

Gretsch Double Anniversary

Gretsch / フレット交換 / ブレーシング剥がれ /

 

70年代製と思われるグレッチのリペアです。
フレットの消耗が大きく、場所により
音詰まりの不具合があるとのご相談。
16インチ、ホローボディの状態をチェック。
トップ板にはフルアコに起こりやすい不具合、
トップ落ちの症状が若干見られます。
内部のブレーシングの状態をチェック。
トップ板の落ち込みとあわせて
裏側のブレーシングも剥がれています。
ブレーシングを修理。
何とか剥がれ部に接着剤をすり込み圧着。
修理後はボディの響きもUPします。
続いて、フレット交換。
まずは弦を張りネックの状態をチェック。
このグレッチにはボディ裏側、
ネックヒール近くに怪しい鍵穴があります。
おそらくトラスロッドの調整口。
少し回しましたがネックの状態に
変化はありませんでしたので
現状、効果はないと思われます。
フレット交換時に行う指板調整で
指板上の凹凸を修正します。
このギターはゼロフレット仕様です。
指板調整の作業時、
若干邪魔になりますので
一度外してフレット交換後に
再度取り付けます。
消耗したフレットを・・・
抜きます。
指板の状態をチェック。
指板上、ストレートを修正。
指板アールも修正。
溝に残った接着剤をクリーニング。
打ち込むフレットを曲げて・・・
サイズにあわせてカット。
このグレッチには指板サイドに
バインディングがありますので
ニッパーでフレットタングをカット。
形を整えます。
フレットの打ち込み。
サイド、余分な部分をカット。
フレットサイドを斜めに落とします。
続いて、外したナットを取り付けて
フレット擦り合わせを行います。
弦を張り、ネックの状態・・・
各フレットの高さをチェック。
テンションをかけた状態で
フレット上を擦り合わせます。
続いて、フレットサイドのバリ処理。
引っ掻かりをなくします。
専用工具でフレット頂点を再成形。
サンドペーパーで磨き・・・
コンパウンドで磨いて・・・
フレット交換は完了。
続いて、ブリッジの修理。
黒檀ブリッジ底は削られて
かなり薄い状態なので
同じ黒檀を張り合わせてかさ上げ。
ブリッジ底を削り・・・
ボディのアールに合わせます。
サドル駒の接点を調整。
弦高、オクターブを合わせて・・・
リペア完了。
ネック、フレットも
良い状態になりましたので・・・
弦高も好みに合わせて
セッテイング出来るようになりました。
リペア後は生鳴りも十分な音量になり
グレッチ独特、明るくシャープなトーンが
心地良いギターでした。

PAGE TOP