ギターリペア、ギター修理、製作工房【ナインス】

Gretsch Rambler

Gretsch / アッセンブリー修理 / ナット交換 / ネックアイロン / フレット交換 /

 

13インチ、薄胴ボディのフルアコ。
58年製、Gretsch Rambler。 
数年しか製造されなかった珍しいモデル。
今回はネック周り、電気周りなどの
フルメンテナンスをします。
まずはブリッジ修理から。
ブリッジ上、弦溝を修正。
写真ではわかり辛いですが
ブリッジ上の弦間が広すぎる為、
ハイフレットでの演奏中は
弦落ちします。
切られている溝を・・・・
接着剤と木屑を混ぜたものを溝に充填。
乾燥後、均して溝埋め。
弦落ちしない様に
ブリッジ上の弦溝を切って修正。
次はピックアップなど電気周りの修理。
フロントにはデュアルモンドの
ピックアップが搭載されていますが
何らかの不具合で反応していません・・・。
ピックアップ、ポットなど
取り出してチェック。
かなり昔に配線、ポットなど
交換改造されていましたが
いずれも経年変化での劣化がひどく
数ヶ所、断線していました。
今回はポット、ジャック、配線材を一新します。
部品を交換して組み込み。
デュアルモンド独特、
イナタイく太い音が出力されました。
次はネック周りの修理調整。
ネック、フレットの状態をチェック。
ネックは順反りが強く、弦高を下げると
ハイポジションで音詰まりが発生します。 
トラスロッドにも調整の余裕はありません。
フレットも経年変化でくたびれた状態ですので
今回はアイロン、指板調整、フレット交換などを
行いネックを良い状態に調整します。
時間をかけて行った
アイロン修正後の状態をチェック。
続いてフレットを交換。
フレットを抜きます。
フレット高さが変わりますので
併せてナット交換も行います。
指板調整の前に
指板アールを確認。
フレット溝を補修後、指板調整。
その後、指板アールを整えます。
溝の木くずを掻き出し・・・
新たなフレットを曲げて
溝に合わせてカット。
打ち込む準備が出来ました。
フレットの打ち込み。
全てのフレットを打ち込みました。
この後、数日寝かせます。
フレット擦り合せ作業前に
ナット交換を行いますので
ナット溝をクリーニング。
溝の面をヤスリで修正。
交換する牛骨素材を
溝サイズに合う様に成形します。
各面の平面を出して・・・
サイズが合ったら
1フレットを基準に
大まかな高さを記し・・・
余分な部分をカット後、
ヤスリで大まかに形を整え
ナット溝に軽く接着します。
次はフレット成形。
余分な部分をカットします。
フレットの端をヤスリで斜めに削ります。
剥がれた指板サイドの塗装を
タッチアップで補修。
乾燥後、磨いて均します。
次は新たなナットの
弦溝を切ります。
元ナットを参考に弦間を記し・・・
使用するゲージに合わせ大まかに溝切り。
接点、高さの最終調整は
フレット擦り合せ後に行います。
弦を張り、ネックの状態をチェック。
フレット上の凸凹もチェック。
高いフレットを中心に
全体をすり合わせます。
指板をマスキングして・・・
平らになったフレット頂点を
専用工具で成形。
フレットサイドのバリも処理。
紙ヤスリなどで細かい傷を消して・・・
コンパウンドで磨いて完了
粗成形のナットも形を整えます。
高さをヤスリで調整。
形を整えて
最後にマイクロメッシュなどで
磨いて仕上げます。
次はストラップピンを取り付け。
広がって緩くなったピン穴を・・・
木で塞ぎます。
再度、ネジ径に合わせて
穴を空けて取り付け。
エンドピンも取り付けます。
テールピースの固定ネジ穴も
広がっていますので修正。
アース線の出穴も変更。
一度、ネジ穴を木で埋めて
再度ネジ穴を空け直します。
ストラップピン取り付け完了。
古いにグレッチによくある
経年変化で脆くなった
バインディングの剥がれを修正。
最後に弦を張り
弦高など、その他の微調整。
強い順反りも修正出来ましたので
弾き易い弦高にセッティングして・・・
全てのリペアが完了。
ショートスケールでコンパクトな
サイズの割に生鳴りもしっかり出ます。
雰囲気もクールで弾き心地の良いギターでした。

PAGE TOP