ギターリペア、ギター修理、製作工房【ナインス】

Guild D-6

GUILD / サドル交換 / ネックアイロン / ブレーシング剥がれ /

ギルド製アコギの修理。
トップ板はスプルース、
サイド・バック板はマホガニー材の
ドレッドノート・サイズ。
今回は弾き辛いとのご相談です。
弦高は12F上で約4mmあります。
ブリッジ辺りの膨らみも少々ありますが
ネックの順反りが大きい状態です。
トラスロッドも回りきった状態ですので
ネックアイロンで時間をかけて反り修正します
状態をチェックしながら
何度かに分けて修正していきます。
ネック修理の合間、
裏板、などに数ヶ所ある
ブレーシングの剥がれを修理。
>剥がれ部分に
接着剤をすり込んで圧着します。
>トップ板の負担を小さくする為、
外側からもクランプ。
トップ板側の
ブレーシングの剥がれも・・・
接着剤をすり込んで圧着。
表板、裏板のブレーシング剥がれの
修理後はサステーン、リバーブ感など
復活します。
>ネックヒールのプラ製の飾りも
外れていましたので・・・
古い接着剤を取り除き再接着。
サドル下にはピエゾ・ピックアップが
仕込まれていますが使わない為
弦高調整を含め作り直してほしいとの事。
元サドルは樹脂製でしたが
牛骨で作り直します。
溝のサイズに合わせます。
弦高、オクターブを調整したら
ヤスリで削り形を整えます。
磨いて・・・
サドル交換も完了。
アイロン修正後、
ネックの反りも直りましたので
フレット周りを調整。
最後にフレットを磨きます。
>弦高も12フレット上で
約2.3mmまで下がりました。
修理調整後は音の反応も良くなり
とても弾き易いギターになりました。

PAGE TOP