ギターリペア、ギター修理、製作工房【ナインス】

Hofner 500/5

Hofner / ネックアイロン / フレットすり合わせ / ブリッジ底面合わせ / ベース /

 

60年代製と思われる
非常に珍しいベース、Hofner 500/5。
長い間、弾かれずに置いてあった様子。
ネックの反り、ピックアップ配線の修正など・・・
不具合部分を修理して弾ける状態に再生します。
フロントピックアップの配線は過去に外されて
使われていなかった様子。
配線し直して使えるようにします。
ネックヒール部、継ぎ合わせ部分は
過去の修理でネジ固定されています。
現状、テンションをかけても動かずに
落ち着いた状態です。
弦を張り、ネックの状態をチェック。
ネックは順反りが強く弾き辛い状態。
トラスロッドも締まりきっています。
大きなネックの反りを
ネックアイロンで時間をかけて修正します。
修正後、大きな反りは解消。
弦高も下げられるようになりました。
反りも修正出来ましたので
次はフレットのすり合わせを行います。
各フレット上の凹凸をチェック。
高い部分を中心にフレット上、全体を均します。
すり合わせ後、平らになったフレット。
この後、角を落としフレット頂点を
だします。
汚れた指板もクリーニング。
指板をマスキングしてフレット成形します。
フレットエッジ処理後、専用工具で
フレットの形を整えます。
粗目の紙ヤスリから徐々に番目を上げて
フレットを磨きます。
途中スチールウールに変えて・・・
コンパウンドで磨きます。
磨いたフレットは指運も格段にUP。
非常に弾き易くなります。
次は経年変化で歪んでしまった
ボディのアーチトップ部と
ブリッジ底面のRを合わせます。
ボディにサンドペーパーを貼り付け
その上をブリッジ底面を擦り
少しずつRを合わせます。
アーチトップとブリッジ底面のRが合いますと
音の反応などがUPします。
汚れていたボディなどもクリーニング。
不足していたペグのつまみも
何でも良いとの事でしたので
とりあえず手元の部品で対応。
問題なく使えます。
リペア後,ネックは
ほぼ真っ直ぐな状態になりましたので・・・
弾き易い弦高にセット。
ハイポジションでの音詰まりも
解消されましたので
ストレスなく演奏を楽しめます。
ピックアップの高さバランスなど・・・
その他を微調整後、外れていた
フロントピックアップを固定してリペア完了。
ホローボディの温かい箱鳴りがCool!
ピックアップからの出音も独特の丸みがあり
弾き心地の良いベースでした。

PAGE TOP