ギターリペア、ギター修理、製作工房【ナインス】

Ibanez Guitars

ナット交換 / フレット交換 /

 

アイバニーズ・ギターのリフレット作業です。
フレットが半分抜いてある
状態で持ち込まれました。
このギターはナット端にも
バインディングが入っています。
ギター製作時やナット交換時の
作業効率は悪いですね。
残りのフレットを抜きます。
ナットも外しましょう。
簡単に抜けそうにありませんでしたので
ミニルーターで掘り込み外します。 
溝に残った欠片をノミなどで取り除きます。
フレット溝の欠けを補修して
Rが崩れない様に指板をヤスリます。
フレット溝を掃除。
ロッドが効く範囲の順反りでしたので
調整して真っ直ぐにしておきます。
指板の調整を終えたら
フレットを打つ準備。
フレットを曲げておきます。
バンンディング付きのギターですから
長さを合わせ、バインディングがのる
部分をカットしておきます。
カット部分のバリ処理。
フレットを成形します。
フレットを打ち込みます。
途中から専用工具でプレス。
全てのフレットを打ち込みました。
余分な部分をカット。
ヤスリで両サイドを斜めに落とします。
スケールでフレットの高さをチェック。
高い場所を中心にすり合わせをして
高さを揃えます。 
ヤスリで角を落とします。
フレットサイドの角を落としておきます。
すり合わせ後平らになった
フレットの頭を丸めます。
傷を落とします。
フレット交換は終了。
次はナット交換です。
溝の古い接着剤を取り除き
新たに取り付けるナットの平面出しをします。
溝のサイズに合わせます。
フレットを基準に高さを決め
大まかに形を整え接着。
弦幅を決め溝に切れ目を入れ。
弦を張り調整。
ナットの調整が終ったら磨いて
形を仕上げます。
ナット完成。
弦高、オクターブ調整。
音を出しPUのバランスをとり完了。
出力の高いPUでパワフルな音のギターでした。

PAGE TOP