ギターリペア、ギター修理、製作工房【ナインス】

Jose Marin Guitar

フラメンコギター / フレット交換 /

2008年製
ホセ・マリン製作のフラメンコ・ギター。
内部、外観共にとても
丁寧な作りのギター。 
今回のご依頼はフレット交換。
その際、フレット端の処理をあまり斜めに
落とさないでほしいとのご依頼。
現状、フレット端の斜め処理が大きい為に
1弦が弦落ちしてしまうとの事です。
それではフレットを抜きます。
抜く際、指板にダメージを
あまり与えない様にフレットを抜いていきます。
フレットを抜き終えましたら
小さな欠けなど、溝を補修。
軽く指板を調整。
スケールで状態を確認して
指板上を真っ直ぐな状態にします。
溝に入った木くずを掻き出します。
フレット溝を補修調整したら
新たに打ち込むフレットの足部分を調整します。
軽くアールをつけて
各フレットの長さに合わせカット。
ボディに負担をかけぬよう
工夫して打ち込みます。
全フレットを打ち込みました。
余分な部分をカット。
オーナー様のご要望通り、
フレットサイドを調整します。
その後、指板脇のバリ処理の際
剥がれた塗装を補修してすり合わせ作業に
入ります。
ネックの状態を確認。
フレット上の凹凸もチェック。
フレットの高い部分を中心に
全体をすり合わせて真っ直ぐな状態にします。
すり合わせ後、平らになった
フレットをヤスリで形を整えて
弾き易い状態にします。
バリを処理。
専用工具を使い平らになった
フレット頭を丸めます。
紙ヤスリ、スチールウールなどで
傷を徐々に消して・・・。
金属用コンパウンドで磨いて
完了。
弦を張りナット、サドルも調整。
ご要望通りフレットサイドも立て気味に
仕上げましたので、その後弦落ちはしなくなり
反応など音色もUPしたとの事。
よかったです。
フラメンコ・ギターらしく
明るく切れの良い音色が心地よいギターでした。

PAGE TOP