ギターリペア、ギター修理、製作工房【ナインス】

K. Yairi YW-800

ピックガード交換 / ブリッジ再接着 / ブリッジ補強 / 全体調整 /

 

1985年製、Kヤイリのりペア。
指板、ボディに施されたインレイから
マーティンD-45を意識して作られた
モデルのようです。
ご相談は
ブリッジに大きな亀裂が
入っているとの事。
ブリッジ亀裂は裏側まで
達しているようです。
補強して問題なく使えるようにリペアします。
まずはブリッジを外します。
亀裂はウイング部にも入っているので
慎重に外します。
ブリッジを外しました。
ピックガードは以前、交換したそうですが
今回は再度、黒ピックガードに
交換して欲しいとの事ですので・・・
ピックガードも外します。
ピックガードを外したら
残った粘着ノリも・・・
綺麗に除去します。
黒ピックガード用の
ブランクシートから切り出します。
サイズを合わせ、
角を落とし滑らかに仕上げます。
べっ甲タイプから
黒ピックガードに交換しますと
全体が引き締まった印象になりますね。
貼り付けは最後に行います。
ブリッジ補強の続き。
裏側まで達した亀裂部分を・・・
ミニ・ルーターで削り落とし。
この部分に補強材を合わせます。
裏側からの補強ですので
外観を損なわずに強度はUPします。
補強材を接着。
表側の亀裂も木パテで補修。
乾いたら面を整えます。
補強後はブリッジの再接着。
ボディ側の面も整えて・・・
ブリッジとボディの当たりをチェック。
手早く再接着します。
補修後、表側の亀裂も
わからなくなりました。
リーマーなどで・・・
ブリッジピン穴の調整。
ブリッジの亀裂補強は完了です。
続いてサビなどで汚れた
フレットをクリーニング。
指板をマスキングして磨き・・・
ピカピカに仕上げます。
最後に新たに作った
黒ピックガードの位置を確認して貼り付け。
リペア完了。
補強したブリッジも綺麗になりました。
ネックコンディションも良好で
弾き易いギターですね。
音の分離、立ち上がりも良く
元気な響きが復活しました。

PAGE TOP