ギターリペア、ギター修理、製作工房【ナインス】

Kalamazoo KG-11

Kalamazoo / サドル交換 / ネックリセット / フレットすり合わせ / ブレーシング剥がれ /

Kalamazoo KG-11 1930年代製、
カラマズーKG-11のリペア
Kalamazoo KG-11、リペア 弦高が高く弾き辛いとのご相談。
6弦は12F上で約5mm、
1弦側も約3.5mmあります。
Kalamazoo KG-11、リペア サドルには弦高を下げる余裕は
ありません。
Kalamazoo 、リペア ネックのヒール部にクラックがある等
外す際に色々懸念もありますが
ネックリセットを行いき易い弦高に
なるようにネック角度を修正します。
Kalamazoo 、リペア ギター内部の状態をチェック。
シンプルなラダーブレーシング。
ブレーシング剥がれ、リペア 裏板のブレーシングには
剥がれがあります。
ネックリセット ネックを外します。
Kalamazoo 、リペア ネック角度を修正して
ホゾ部分を補強。
Kalamazoo 、リペア ネックの中心を確認。
Kalamazoo 、ネックリセット 再びネックとボディを接着します。
Kalamazoo 、リペア 接着剤の乾燥後、
ヒール部分の塗装を補修。
Kalamazoo 、リペア ブレーシングの剥がれを修理。
Kalamazoo 、リペア サドル交換。
Kalamazoo 、リペア あわせてナット調整。
Kalamazoo 、リペア ネックを外す際に空けた
指板の穴を埋め、
フレットを取り付けます。
Kalamazoo 、リペア フレットすり合わせを行います。
Kalamazoo 、リペア 目標弦高にセットして・・・
Kalamazoo 、リペア 作業完了です。
Kalamazoo KG-11 リペア後はとても
弾き易いギターになったとのこと。
良かったです。

PAGE TOP