ギターリペア、ギター修理、製作工房【ナインス】

Kalamazoo KM-21

Kalamazoo / ネックリセット / フレット交換 / マンドリン /

 

1894年、マンドリン製作を始めたギブソン。
そのセカンドブランドであった
カラマズーの
マンドリン修理です。
型番は1930年代に作られた
カラマズー KM21と思われます。
ネックの状態をチェック。
ネック継ぎ目に剥がれがありますが
過去にダボ補強などの修理が
行われたようです。
チューニングすると
ネックは元起き状態で・・・
弦高も高い状態。
サドルは一番下まで下がっています。
蟻ホゾ部を補強をして
ネック角度を修正する
ネックリセットを行います。
指板の接着剤を緩めて・・・
蟻ホゾ部分に
高音の蒸気を入れて
ネックを外します。
残った
古い接着剤をクリーニング。
欠けているホゾ部は補強して
形を整えます。
12フレット以降の
指板の反りが大きい為
アイロンで修正。
ノミで削り
角度を修正。
ボディとの当り具合を調整。
蟻ホゾの効きを調整後・・・
ネックの中心、角度を確認して・・・
ボディとネックを接着。
乾燥後、
ネック接ぎ目の
塗装を補修します。
ヤスリで均して・・・
着色後、クリアーを吹き。
乾燥後に均して磨き。
続いて
フレット交換です。
フレットを抜いて
溝を補修して指板調整。
ネックの直進性・・・
指板アールを
確認しながら行います。
下処理が完了したら
新しいフレットをカットして・・・
フレットの打ち込み。
余分な部分をカット。
斜めに削り・・・
フレットサイドのバリ処理して
指板脇の塗装を補修。
擦り合わせの準備。
各フレットの高さをチェック。
フレット上をヤスリで均します。
擦り合わせ後
ヤスリでフレットの形を整えて・・・
磨いて仕上げます。
ボディ等の汚れを
クリーニング。
新しい弦を張り・・・
弦高、オクターブを調整して・・・
修理完了。
ネックの不具合も解消。
弦高も弾き易い高さセッテング。
ハイポジションまでストレスなく
弾けるようになりました。
作られてから80年位経っている
ビンテージ・マンドリン。
程よく枯れて明るい箱鳴りサウンドは
新しい楽器には出せない渋みがありますね。

PAGE TOP