ギターリペア、ギター修理、製作工房【ナインス】

Martin 0-18

Martin / クラック修理 / ナット交換 / ネックアイロン / フレット交換 / ブリッジプレート補強 / ブリッジ再接着 /

 

Martin 0-18,マーチン,ギター,修理,リペア 1948年製、戦後間もなく作られた
スモールサイズのヴィンテージギター、
Martin 0-18。
Martin 0-18,マーチン,ギター,修理,リペア トップ板には広範囲に多くの
弾き傷がありますが、補修をして
弾き込まれてきたギターです。
Martin 0-18,マーチン 今回は弦高が高く弾き辛いので
修理してほしいとのご依頼。
弦高は12フレット上で約3.5ミリありますので
ハイポジションでの演奏は
少々辛いかもしてません。
Martin 0-18,マーチン ネックなどの状態をチェック。
反りが強い状態です。
Martin 0-18,マーチン サドル高さには弦高を下げる余裕はあまり無く
ブリッジには剥がれの不具合もありますので
修理します。
Martin 0-18,マーチン この年代のマーティンには
アジャスタブルロッドは仕込まれていないので
ネックヒーターで何度かに分けて
反りを修正。
Martin 0-18,マーチン ネック反りの修正の合間に
ブリッジ剥がれも修理します。
Martin 0-18,マーチン 慎重にブリッジを剥がして・・・・
Martin 0-18,マーチン 古い接着剤を除去。
ブリッジ底とトップ板の当たり具合を
調整して・・・
Martin 0-18,マーチン 手早く接着剤を塗り圧着。
Martin 0-18,マーチン 数日、乾燥させます。
Martin 0-18,マーチン ギター内部をチェック。
ピックガードに沿ってクラックがありますが
まずは弦エンドポールで痛んだ
ブリッジプレートを補強します。
Martin 0-18,マーチン プレート材と同じメイプルの端材から
補強材を作り・・・
Martin 0-18,マーチン 専用工具で削り・・・
Martin 0-18,マーチン 接着剤をすり込み圧着。
Martin 0-18,マーチン 2回に分けて作業してピンホールを補強。
後ほど穴を空け直します。
Martin 0-18,マーチン ピックガード脇、
クラックもありますので・・・
Martin 0-18,マーチン スプルース端材から作ったパッチを
当てて補強します。
Martin 0-18,マーチン 割れに沿って接着。
Martin 0-18,マーチン 割れ部分が広がりのを防ぎます。
Martin 0-18,マーチン プレート補強の続き。
裏側からチップ防止の当て木をして
塞いだ穴を空け直します。
Martin 0-18,マーチン 補強後は弦の振動をしっかり
ボディに伝えます。
Martin 0-18,マーチン 時間をかけて
何度かの修正で
ネックの反りは解消。
Martin 0-18,マーチン 次は消耗したフレット交換を行います。
Martin 0-18,マーチン 溝を補修後、
指板アールなど・・・
状態をチェックしながら軽く調整。
Martin 0-18,マーチン 新たに打ち込むフレットを用意して・・・
Martin 0-18,マーチン 打ち込み。
Martin 0-18,マーチン はみ出した部分をカットして・・・
Martin 0-18,マーチン サイドを斜めに削り落とします。
Martin 0-18,マーチン フレットエッジ処理。
Martin 0-18,マーチン フレットに合わせて
ナット交換も行います。
Martin 0-18,マーチン ナット溝をクリーニングして・・・
Martin 0-18,マーチン 新たに取り付けるナットを
溝サイズに合わせます。
Martin 0-18,マーチン 大まかに高さ、形を合わせて・・・
Martin 0-18,マーチン 溝に接着。
Martin 0-18,マーチン 弦間を刻み
溝を大まかに調整して・・・
Martin 0-18,マーチン フレット擦り合わせの用意。
各フレットの高さをチェック。
Martin 0-18,マーチン フレット上、全体を均します。
Martin 0-18,マーチン 専用ヤスリでフレット頂点を成形。
Martin 0-18,マーチン ヤスリで傷を消して・・・
Martin 0-18,マーチン 仕上げ。
フレット交換は完了です。
Martin 0-18,マーチン 続いて・・・
粗成形のナットを仕上げ。
Martin 0-18,マーチン 形を整えてヤスリなどで磨いて仕上げ。
Martin 0-18,マーチン サドルは元の物を調整、
磨いて再調整します。
Martin 0-18,マーチン ボディなど全体の汚れもクリーニングして
全リペア完了。
Martin 0-18,マーチン ネックも良い状態になりましたので・・・
Martin 0-18,マーチン 弾き易い弦高にセッティング出来ました。
Martin 0-18,マーチン ブリッジの剥がれ・・
Martin 0-18,マーチン ブリッジプレートの痛みも解消。
Martin 0-18,マーチン 小ぶりなボディが発する軽快な
反応は心地良いですね。
作られて66年経ちましたが
まだまだ現役です。

PAGE TOP