ギターリペア、ギター修理、製作工房【ナインス】

Martin 000-28

Martin / サドル交換 / ネックリセット / ピックガード交換 / フレットすり合わせ /

 

マーティン000-28 2004年製、
マーティン000-28の修理。
マーティン000-28 コンパクトで抱えやすいボディで
ローズウッドの甘く太いサウンドが
人気のモデルです。
マーティン000-28 ご相談はネックが反って
ハイポジションで演奏が辛いとのこと。
チェックするとネックに
元起きの不具合があります。
マーティン000-28 サドルも削られている為、
弦高を下げる余裕はありません。
ネックリセットを行いネック角度を
修正して弾き易い状態にリペアします。
マーティン000-28 ギター内部もチェック。
マーティン000-28 ブレーシングの剥がれがありますので
後ほど修理します。
マーティン000-28 まずは指板の接着剤を
剥がします。
マーティン000-28 フレットを外し
ネックとボディを繋いでいる辺りに
スチームを入れる為の穴を空けます。
マーティン000-28 その穴からスチームを入れて
ネックを外します。
マーティン000-28 接着剤を・・・
マーティン000-28 除去。
マーティン000-28 この後、充分に乾燥させます。
ピックガードの交換もご希望でしたので
ボディを乾燥させている間に・・・
マーティン000-28 元の黒いピックガードは
外しておきます。
新しいピックガードは
リペアの最後に貼り付けます。
マーティン000-28 ネック角度を修正します。
ネック際を削り、仕込み角度を調整。
マーティン000-28 適正角度になるまで
ボディとネックを仮組して・・・
マーティン000-28 確認しながら修正します。
マーティン000-28 ボディとの当たり部分を調整。
マーティン000-28 ネック際の塗装を
タッチアップ後に修正。
蟻ホゾの効きを
薄いつき板などで調整。
マーティン000-28 角度と併せて中心も確認。
マーティン000-28 諸々、調整後に
手早くボディとネックを接着。
しっかり乾燥させます。
マーティン000-28 15フレットに空けた穴を埋め・・・
マーティン000-28 均して・・・
マーティン000-28 フレットを入れます。
マーティン000-28 擦り合わせ前に
裏板側のブレーシングの剥がれも修理。
マーティン000-28 剥がれ部分に
接着剤を入れてクランプ。
続いて
フレットの擦り合わせを行います。
マーティン000-28 フレット上を均して
頂点を再成形。
マーティン000-28 磨いて仕上げます。
マーティン000-28 ネック角度修正後、元サドルでは
弦高が低くなりすぎますので
作り変えます。
マーティン000-28 無漂白の牛骨素材の形を整えて・・・
マーティン000-28 希望弦高になるように削ります。
マーティン000-28 ナット溝も修正後、
形を整えます。
マーティン000-28 ネック、ボディの汚れをクリーニング。
マーティン000-28 最後にピックガードを貼り・・・
マーティン000-28 修理完了です。
マーティン000-28 サドル高さにも余裕が出来て・・・
マーティン000-28 弦高も弾き易い高さにセッテング。
Martin 000-28、リペア、修理 ネックリセット後は
ハイポジションまで
弾き易いギターになりました。

PAGE TOP