ギターリペア、ギター修理、製作工房【ナインス】

Martin D-28

Martin / サドル調整 / ナット調整 / ネックリセット / フレットすり合わせ /

Martin D-28 アコーステックギターの定番。
マーティンD-28のリペアです。
Martin D-28 弦高が高く弾き辛いとのご相談。
ギターの細部を確認。
弦高は12フレット上で3.7mm位。
順反りは問題無いですが・・・
ネックとボディの継ぎ目
に不具合があります。
ネックを外し、蟻ホゾを補強して
仕込み直すネックリセットを行います。
ネックリセット ネックを外し・・・
ネックリセット 接着剤をクリーニングして
しっかりと乾燥させます。
角度を修正。
蟻ホゾ部分を補強。
角度、中心を確認して・・・
ネックとボディを・・・
接着。
十分に乾燥させます。
スチームを入れる為に空けた穴を埋めて
フレットを入れます。
弦を張りネックの動きを確認。
ネックリセット後は弦高も下がりました。
フレット上の凹凸を確認。
すり合わせて
フレットを再成形。
磨いて仕上げます。
サドル・・・
ナット調整を行い・・・
作業完了。
Martin D-28 修理後はハイポジションまで
楽に弾けるようになったとのこと。
良かったです。

PAGE TOP