ギターリペア、ギター修理、製作工房【ナインス】

Martin D-28

Martin / トラスロッド調整 / バインディング剥がれ / ブレーシング剥がれ /

 

Martin D-28、リペア 98年製、Martin D-28の修理。
Gibson J-45と並びアコギ弾きには
非常に人気のモデルです。
Martin D-28、バインディング 経年変化で
バインディングが
剥がれています。
Martin D-28、バインディング D-35、D-28など
マーティンには
比較的多い不具合。
Martin D-28、ブレーシング ギター内部をチェックすると
裏板側のブレーシングも
数ヶ所剥がれています。
Martin D-28、バインディング まずはバインディングの剥がれを修理。
できるだけ古い接着剤を除去した後、
新たな接着剤を注入してテープで固定。
数日乾燥させます。
Martin D-28、ブレーシング 続いて力木の修理。
最初に一番奥の剥がれを直します。
Martin D-28、ブレーシング 接着剤を剥がれ部分にすり込み・・・・
Martin D-28、ブレーシング 手早くクランプで圧着。
Martin D-28、ブレーシング 表面板、裏板の負担を軽減する為、
外側からもクランプ。
Martin D-28、ブレーシング 1~2日乾燥させたら
同じように他の剥がれた
ブレーシングも・・・
Martin D-28、ブレーシング 圧着して数日乾燥。
Martin D-28、ブレーシング 奥2本のブレーシング剥がれは・・・
Martin D-28、ブレーシング しっかり直りました。
Martin D-28、ブレーシング 次は3本目の
Martin D-28、ブレーシング ブレーシングを直します。
Martin D-28、ブレーシング 接着剤を剥がれに入れて・・・
Martin D-28、ブレーシング 1~2日、乾燥させます。
Martin D-28、ブレーシング 表側からもクランプ。
Martin D-28、ブレーシング 剥がれ修理後はサステーン、
リバーブ感など音の反応が復活します。
Martin D-28、ブレーシング バインディング剥がれも
はみ出した接着剤をクリーニングして
修理完了。
Martin D-28、ネック 弦を張り
ネックの状態をチェック。
Martin D-28、ネック トラスロッドで反りを調整。
Martin D-28、弦高 最終的に12フレット上、
約3ミリ程あった弦高は
2.4ミリ程に調整。
Martin D-28、ギターリペア、NINTH(ナインス) リペア後、軽いタッチでの
ピッキングの反応も良くなり
とても弾き易いギターになりました。

PAGE TOP