ギターリペア、ギター修理、製作工房【ナインス】

Martin D-28

Martin / クラック修理 / ピックガード交換 /

 

マーチンD-28,martin,リペア,修理 1970年代製のマーティンD-28。
この年代によくあるマーティンクラックの修理。
マーチンD-28,martin,リペア,修理 ピックガードに沿って割れが入っています。
マーチンD-28,martin,リペア,修理 割れ部分は光見えます。
蛍光灯の明かりの漏れ方から見ても
このギターの表面板の板厚は全体的に薄い様です。
マーチンD-28,martin,リペア,修理 ピックガードを剥がします。
マーチンD-28,martin,リペア,修理 ピックガードを剥がしましたら割れ口を
ナイフ等で整えスプルースの端材を
入れ補強します。
マーチンD-28,martin,リペア,修理 スプルース材を切り出し形を整えます。
マーチンD-28,martin,リペア,修理 切り出した端材を割れ口にはまる様に加工。
マーチンD-28,martin,リペア,修理 表板用のパッチを割れ口にはめ込み接着。
乾燥後、余分な部分を均します。
マーチンD-28,martin,リペア,修理 裏から押さえる補強パッチを接着。
マーチンD-28,martin,リペア,修理 補強は完了です。
マーチンD-28,martin,リペア,修理 割れは完全にふさがりました。
マーチンD-28,martin,リペア,修理 ピックガードの製作です。
割れ跡を隠すため若干大きめに作り変えます。
厚紙で型を作り切り出します。
マーチンD-28,martin,リペア,修理 面取りをして整えたら仕上げにラッカーを吹き、
乾燥後貼り付けます。
マーチンD-28,martin,リペア,修理 ピックガード跡が窪んでいますので
フィラーで少し均します。
マーチンD-28,martin,リペア,修理 貼りつけ場所を確認。 
マーチンD-28,martin,リペア,修理 貼り付けます。
マーチンD-28,martin,リペア,修理 その後ナット、サドルの調整をしてリペア完了。
ボディ鳴りの素晴らしいギターでした。

PAGE TOP