ギターリペア、ギター修理、製作工房【ナインス】

Martin D-35

Martin / サドル交換 / ナット交換 / ネックリセット / フレットすり合わせ / ブリッジプレート補強 / ブリッジ交換 /

 

Matin D-35,マーチンD-35,ギター,リペア,修理 Martin D-35。
Matin D-35,マーチンD-35,ネックリセット ブリッジ交換、ネックリセットなど
大がかりな修理を行います。
Matin D-35,マーチンD-35,ギター,リペア,修理 ギター状態をチェック。
指板、ブリッジなど・・過去にも
幾つかのリペアがされています。
内部はマーチン・クラックの修理パッチが
見られます。
ブリッジの状態から
上面を削って弦高を調整したようです。
その為、ブリッジは
かなり薄くなっています。
巻き弦がサドルに乗ってしまわないように
弦エンドポールを2個かましてあります。
ブリッジとネックの中心がズレている為
1弦は指板端に寄ってしまっていますので
修正します。
まずはブリッジ交換。
マーチン用ベーリーブリッジの
交換用パーツを使います。
ブリッジをあたためて・・・
Matin D-35,マーチンD-35,ブリッジ 外します。
ネック、ブリッジの中心を確認。
新しく取り付けるブリッジと
ボディ面の当りを調整。
ブリッジ跡、キワ部分の塗装を補修。
乾燥後、均します。
ブリッジを接着。
数日、乾燥させます。
続いて、ネック元起きの修理。
ネックを外して仕込み角度を修正します。
指板の接着を剥がします。
スチームを入れる為
フレットを抜いて・・・・
ホゾの継ぎ目に穴を空けます。
蒸気でホゾ部分の接着を緩めて・・・
ネックを外します。
ボディ側。
Matin D-35,マーチンD-35,ネックリセット 接着剤を除去して
乾燥させます。
乾燥の間に
ブリッジプレートの修理。
ブリッジプレートと同じ
ローズウッドの端材から作った補強パッチ。
専用工具で・・・
傷んだ部分を削り・・・
補強材を接着乾燥。
2回に分けて作業して
一度ブリッジピン穴を塞ぎます。
乾燥後、
穴を空けて・・・・
リーマーでブリッジピンのサイズに合わせ・・・
弦溝を切ります。
Matin D-35,マーチンD-35,ブリッジプレート ブリッジプレートの補修は完了。
ネックが乾いたら
ネック際を削り
仕込み角度を調整。
適正角度になるまで削ります。
続いて
ネックとボディの当りを調整。
角度修正後、蟻ホゾの効きが緩くなる為、
つき板などで厚みを調整。
仕込み角度と併せて中心も確認して・・・
ネックを接着。
数日乾燥させます。
ネックリセット作業は完了。
続いて、スチームを入れる為に
空けた穴を埋めます。
黒檀の端材を入れて均し・・・
フレットを入れます。
擦り合わせ前に
ナット溝の消耗が大きく
高さに余裕がないナットも交換。
溝の接着剤を除去。
新たに取り付ける
牛骨素材のサイズを合わせます。
フレットを基準に高さを記し・・・
大まかな形に成形。
溝に取り付け。
サドルも交換します。
溝のサイズに合うように削り・・・
大まかな高さに成形。
弦を張ります。
ナット側は
弦間を切り・・・
接点など調整。
フレットの擦り合わせを行いますので
各フレットの高さをチェック。
擦り合わせ後。
フレットの頂点を出して・・・
Matin D-35,マーチンD-35,フレット 磨いて仕上げます。
粗成形のナットもヤスリで
形を整えて・・・
磨いて・・・
Matin D-35,マーチンD-35,ナット交換 仕上げ。
サドルも弦高、オクターブ調整後に
磨いて仕上げます。
最後にボディ、
ネックなどの汚れをクリーニングして・・・
Matin D-35,マーチンD-35,サドル リペア作業は完了。
弦高も弾き易い弦高にセッテイング。
Matin D-35,マーチンD-35,ギター,リペア,修理 中心ズレも解消しました。
弦のエンドポールで
痛んだブリッジプレートも補強後は
弦の振動をしっかり伝えます。
Matin D-35,マーチンD-35,ギター,リペア,修理 今までも色々な修理調整を
繰り返し、使われてきたギター。
まだまだ現役で演奏を楽しむことが出来ます。

PAGE TOP