ギターリペア、ギター修理、製作工房【ナインス】

Martin D-41

L.R.BAGGS / Martin / バインディング剥がれ / ピックアップ取り付け / ブリッジ再接着 / ブレーシング剥がれ / 全体調整 /

Martin D-41 1996年製、Martin D-41。
ブリッジ再接着、
バインディング剝がれなどの
修理を行います。
Martin D-41 69年から製作が
開始されたモデル。
アバロン貝を使ったインレイなど
豪華な装飾が煌びやかです。
Martin D-41 D-28とD-45の
中間的なギター。
Martin D-41 ギター状態をチェック。
過去に裏板側ブレーシングの
剥がれ修理が行われた跡があります。
今回、剥がれが再発したので
再接着を行います。
Martin D-41 ボディ、
バインディングも剝がれています。
Martin D-41 まずは
ブリッジ剥がれから修理。
Martin D-41 ブリッジを外して
接着面をクリーニングして
ブリッジとボディ面の当りを調整。
Martin D-41 ブリッジ再接着後、
ピン穴を調整。
Martin D-41 続いて
ヘッドなど・・・
Martin D-41 バインディングの剥がれ接着。
Martin D-41 続いて
裏板のブレーシング剥がれを
何度かに分けて接着。
ボディ内外からクランプで圧着します。
Martin D-41 経年変化で縮んだ
バインディングの隙間を・・・
Martin D-41 補修。
Martin D-41 かなり大きな剥がれでしたが
無事接着。
L.R.BAGGS M1 ACTIVE 続いて
ピックアップの取り付け。
L.R.BAGGS M1 ACTIVE。
マーティン D-41 穴加工後、
エンドジャックを取り付け・・・
マーティン D-41 ギター内部に
配線を束ねて
ピックアップを取り付け。
マーティン D-41 フレット、指板をクリーニング。
マーティン D-41 最後に弦高などを調整。
マーチン D-41 トラスロッドで反りを修正。
マーチン D-41 サドルを削り
目標弦高に調整。
マーチン D-41 あわせて
ネット溝も修正して・・・
マーチン D-41 作業完了。
マーチン D-41 剥がれの不具合が多数ありましたので
リペア後は反応も格段にUP。
軽いタッチでも心地良いサウンドが
広がるようになりました。

PAGE TOP