ギターリペア、ギター修理、製作工房【ナインス】

Martin HD-28V

Martin / クラック修理 / サドル交換 / ナット交換 / ネックリセット / フレット交換 / ブレーシング剥がれ /

 

Martin HD-28V ブレーシングの配置等々、
戦前のD-28と同じ仕様で作られた、
Martin HD-28Vの修理です。
Martin D-28,クラック サイド板には20㎝以上の
クラックが入っています。
Martin D-28,ネック ネックには元起きの
不具合がありますので
ネックを外して仕込み角度を
修正します。
Martin HD-28V ギター内部をチェック。
Xブレーシングは
戦前ものと同じく
スキャロップされています。
Martin D-28,ブレーシング 裏板のブレーシングに
何か所か剥がれの不具合が
ありますので後ほど修理します。
Martin HD-28V,ネックリセット まずはネックを外します。
指板の接着を緩めて・・・
Martin HD-28V,ネックリセット ネックとボディを繋ぐ
蟻ホゾ部分に蒸気を入れる
穴を空け・・・
Martin D-28,ネックリセット 専用の治具などを使い
ネックを外します。
Martin D-28,ネックリセット 古い接着剤を除去して
しっかりと乾燥させます。
Martin D-28,ネックリセット ネック角度修正後、
ボディとの当たり面を調整。
Martin D-28,ネックリセット 蟻ホゾの補強をしつつ
ネック中心ラインも確認。
Martin D-28,ネックリセット ネック際の塗装も補修。
Martin D-28,ネックリセット 細かい調整が終わったら
再びネックとボディを接着します。
Martin D-28,フレット 続いて、
フレット、ナット、
サドルを交換します。
Martin D-28,ナット マーチンのナット溝は深い為、
簡単に外れない場合、
元ナットは破壊して・・・
Martin D-28,ナット 外します。
Martin D-28,フレット 消耗したフレットも外し・・・
Martin D-28,フレット フレット溝、
指板調整を行い・・・
Martin D-28,フレット フレットを打ち込み。
Martin D-28,フレット フレットサイドを均し・・・
Martin D-28,フレット 引っ掛かりがない様に
バリ処理。
Martin D-28,フレット 指板サイドの
塗装の補修をして
乾燥後均します。
Martin D-28,ナット ナットの制作。
新たに取り付ける素材を
溝のサイズに合わせて削り・・・
マーティン,ナット 高さなど大まかに
成形して取り付けます。
マーティン,サドル サドルも
溝のサイズに合わせて削り・・・
マーティン,サドル 大まかに形を整えます。
細かい弦高調整など
仕上げは後ほど行います。
Martin,クラック,マーティン,マーチン 弦を張る前に
サイド板のクラックを
修理します。
Martin,クラック,マーティン,マーチン 段差を均しながら
接着してクランプで固定。
乾燥させます。
Martin,クラック,マーティン,マーチン ローズウッドの端材を成形して・・・
Martin,クラック,マーティン,マーチン クラックに沿って
裏側に貼り、
割れが開くのを防ぎます。
Martin,クラック,マーティン,マーチン クラック部分は塗装を補修。
乾燥後、均して・・・
Martin,クラック,マーティン,マーチン 仕上げ。
割れ口が比較的綺麗だった為
修理跡はほとんど判らなくなりました。
Martin,ブレーシング,マーティン,マーチン 続いて
裏板ブレーシングの
剥がれを修理。
Martin,ブレーシング,マーティン,マーチン 剥がれ部分に
接着剤をすり込み
クランプで圧着。
Martin,ブレーシング,マーティン,マーチン ボディの負担を減らす為
外側からもクランプします。
マーティン,ナット ボディの歪みも修正したので
途中だったナット、
フレット、サドルを仕上げます。
マーティン,ナット ナットの弦間を切り
接点を調整。
Martin D-28,フレット フレットは擦り合わせ後に
削ったフレットの形を再成形して・・・
Martin D-28,フレット 磨いて・・・
Martin D-28,フレット 仕上げます。
マーティン,ナット ナットも形を整えて磨き。
マーティン,ナット 仕上げ。
マーティン,d-28,サドル サドルも弦高調整して
リペア完了。
マーティン HD-28V 弦高もハイポジションまで
弾き易い高さにセッテング
出来るようになりました。
Martin HD-28V 修理箇所が多く
時間がかかりましたが無事復活。
また演奏を楽しめるようになりました。

PAGE TOP