ギターリペア、ギター修理、製作工房【ナインス】

Morris F-12

サドル交換 / ナット交換 / ブリッジ再接着 / ブレーシング剥がれ / モーリス /

 

モーリス F-12。
1974年製のヴィンテージ
フォークギターの修理調整です。
ボディはマーチンの00サイズ位。
扱いやすいスモールサイズ。
ネックは非常に良い状態です。
只、ブリッジの剥がれ。
ギター内部、ブレーシングにも
剥がれがありますので修理します。
まずはブリッジをラバーヒーターで温めて・・・
ブリッジを外します。
  ブリッジ裏の接着剤をクリーニング。
ボディ側、
塗装を剥がさずに
ブリッジ接着してありましたので
剥がれ易い状態でしたので・・・
塗装を剥がして面を均し、
ブリッジ裏とボディとの当り具合を
調整します。
ブリッジ際をタッチアップ塗装で補修。
乾燥後、均します。
ブリッジ再接着の準備が出来たら手早く接着。
数日、乾燥させて・・・
ブリッジ剥がれ修理は完了。
続いて、ブレーシングの剥がれを修理。
  接着剤をすり込んで圧着。
乾燥させます。
  続いて、
サドル・ナットを交換。
サイズを調整してオーナー様の
持ち込み素材を使って交換します。
出来合ナットの底は
斜めになっているタイプですので・・・
削って修正。
スロット面としっかりと合わせます。
  サドルも削りながら・・・
  スロットに無理なく入るように合わせます。
弦を張り弦高を調整。
  サドル底、平面を保ちながら削り
適正弦高にセッテング。
ナット・サドル共に粗削り後、
磨いて形を整え・・・
  仕上げます。
  錆でくすんだフレット、指板もクリーニング。
  磨いて仕上げます。
  最後にペグ取り付け穴を補修。
  穴が広がって
ペグをしっかり固定出来ない状態でしたので
穴を埋めてネジ穴を空け直します。
可動も安定。
  新しい弦を張って・・・
  修理調整の完了です。
  弦高も弾き易い高さにセッテング。
モーリスといえば当時、ヤマハと並び
日本を代表するフォークギター。
製造後、40年以上経って十分に
乾いたボディの響きが心地良いギターでした。

PAGE TOP