ギターリペア、ギター修理、製作工房【ナインス】

Morris W-30

ナット交換 / モーリス /

 

 1974年製のモーリス W-30のナット交換です。
ナットには割れが見られ、その部分を接着剤で
補強してありました。
 かなりの接着剤が入ってそうなので外す際、
塗装をいためない様カッターで切れ目を
入れておきます。
 外れました。
 溝に残った接着剤を取り除きます。
 取り除きました。
 新たに取り付けるナットの平面をだします。
 ナット幅を合わせたら接着して高さを記します。
 ナットの形を作っていきます。
 古いナットから弦幅を調べ新しいナットに記します。
 ナットに溝の切れ目を入れます。 
 ナットの形が整ったら弦を張り音色を確認しながら
溝の調整。その後、磨いて仕上げます。
 ブリッジピンもしっかり入り込んでいません。
これでは振動をしっかり伝えませんのでギター
本来の音色にはなりません。
 ブリッジピンホールに溝をきり調整します。
 しっかり入りました。
 音色、押さえやすさ等、最終調整をして終了。
 弦のビリツキ音もなくなり音のバランスも良くなりました。

PAGE TOP