ギターリペア、ギター修理、製作工房【ナインス】

Morris W-40

ナット交換 / ブリッジプレート補強 / ブリッジ再接着 / モーリス /

1978年製、モーリス W-40の修理。
まずは、ネック周りの状態をチェック。
ネックコンディションは非常に良い状態です。
ブリッジに剥がれがありますので修理します。
内部などをチェック。
力木の剥がれ、割れなどはありませんでしたが
ブリッジプレートが傷んでいますので補強。
その他、ナットに欠けもありますので交換します。
ブリッジ剥がれの修理。
熱で接着を緩め・・・。
ブリッジを外します。
ブリッジ下、接着面の塗装を剥がさずに
接着されていましたので
塗装を剥がして再接着します。
製作時空けられたと思われる
表面板の余分な穴をスプルースの
端材で埋めておきます。
内側はローズウッドの端材で埋めます。
接着面の塗装を剥がし面を整えます。
ブリッジ裏の古い接着剤も綺麗に剥がします。
ブリッジはローズウッド材ですが
表側は黒檀の様に黒く塗装してありました。
外す際の熱で塗装が少し痛みましたので
黒く染め直します。
接着の準備を整えて・・・。
手早く接着してクランプします。
数日乾燥させます。
ブリッジ再接着の作業は完了。
次は経年変化で痛んだ
ブリッジプレートを補強します。
補強に使うローズウッドを
端材から切り出し・・・
専用工具でプレートの
痛んだ部分を・・・。
削り込みます。
この部分にローズウッドを接着して・・・
乾燥するまでクランプ。
2回に分けて作業します。
補強材を入れたら
再度ピン穴を空け直します。
面を均したらプレ-トの補強は完了。
これで弦のテンションを
しっかり支えられるようになりました。
次はナット交換。
ナットを外し・・・・
溝の接着剤をクリーニングして
面を整えます。
新たに取り付ける牛骨素材のナット。
ナット溝は傾斜があるタイプですので
傾斜に合うように削ります。
ナット高さを記して
大まかに形を作り・・・・
溝に取り付け。
最終的には弦溝調整後に
形を整えて磨きます。
元ナットからの弦間を写して・・・
溝を切ります。
弦を張り高さなど接点を調整します。
併せて弦高調整も行います。
ナット溝の調整後
形を整えて・・・・
磨いてナット交換も完了。
フレット周りのメンテナンス。
調整指板などの経年変化により発生した
フレットサイドのバリ処理をして・・・
指板をマスキングしてフレットを磨き・・・
ピカピカに仕上げます。
ボディなどの汚れもクリーニングして・・・
全てのリペアは完了。
リペア後は反応もUP。
乾いた音色が心地良いギターでした。

PAGE TOP