ギターリペア、ギター修理、製作工房【ナインス】

Naga Guitar

FISHMAN / Naga / ピックアップ取り付け / ブリッジ剥がれ / ブレーシング修理 / メンテナンス /

ナガ・ギターの修理依頼。
台湾に本拠地を置き
中国で生産されているそうです。
これはNaga CAW-18Cというモデル。
トップ板はシダー、
サイドバック材はマホガニーです。
ナットはスキャロップ仕様。
メーカーのこだわりが感じられます。
今回はブリッジ剥がれの修理などのご依頼。
内部をチェック。
写真ではわかり辛いですが
力木に亀裂が入っていますので
修理します。
接着剤を亀裂にすり込んで圧着。
乾燥させます。
力木修理後は
ブリッジ剥がれを修理します。
ブリッジを温めて
接着剤を緩め外します。
外したら古い接着接を除去。
際の塗装も剥がします。
表面板とブリッジの
当りを調整して・・・
接着の準備。
手早くクランプして・・・
3~4日乾燥させます。
ブリッジピンホールを・・・・
調整してブリッジ再接着は完了。
次はピックアップを取り付けます。
ピックアップはフィッシュマンの
「RARE EARTH ブレンド」。
エンドジャックの穴を空けて・・・・
ギター内部に配線を束ねます。
ピックアップの取り付け完了。
マグネットPUにコンデンサーマイクの
エアー感をブレンド出来ますので
自然な音作りも可能です。
弦を張り全体を調整。
ネックの状態をチェックして
トラスロッドで微調整。
ネック、フレットの状態が良いので
弾き易い弦高にセッティングして
リペア完了です。
シダートップらしく音の反応が早く
軽やかで弾き易いギター。
Naga Guitar、コストパホーマンスの
高いメーカーですね。

PAGE TOP